読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れもんすかっしゅはうまい

ホリエと申します

鈍感重岡くん




はいはいどうも
呟こうと思ってたことがなんか無駄に長くなったのでブログにしてみました



今日はりゅかみしげちゃんが会社の同期で久しぶりの同期飲みをテーマにお送りしたいと思います
 

私と重岡くんは同じ部署に配属になって、流星くんと神ちゃんは隣の部署に配属されたからみんなで集まるのは結構久しぶりで、楽しくわいわい飲んでるんだよね。しばらくしていい感じに酔いが回ってきたくらいに重岡くんがトイレに行くんだよね。そしたらもうここぞとばかりに神ちゃんが話しかけてくるの。 



「で、しげとどうなん?」
「あ〜それ俺も聞こうと思ってた!」
「いや別にどうもこうもないけど」
「どうもこうもあれよ〜〜!」
「なんで?しげほんまに気付いてないの?」
「ないね〜」
「流星ですら気付いたのに」
「待って、どういうこと」
「あの鈍感男が気づくわけないじゃん」





あーほんとむかつく!しげのばか!ってビールをダンッて机に置いたら「おーおーずいぶんデカイ声で悪口言うやんけ〜」ってケラケラ笑う重岡くんが入ってくるんだよね。やばい、いまの話聞かれてたかな…ってヒヤヒヤしてたけど「で、なんの話?」っていうからひと安心だよね。 




「で、なんの話?」
「別に」
「う〜わ!エリカ様やん!(笑)」
「うるさい!」
「何怒ってんねん(笑)」
「恋する乙女は情緒不安定なんよな」
「恋する乙女?」




神ちゃんがまた余計なこというからちょっと神ちゃん!!ってちょっと怒ると「え?!ホリエ好きな人おんの?!」って重岡くんが心底びっくりした顔してるからわたしとりゅかみちゃんは呆れ顔だよね。




「それはあかんわ、しげ」
「え?なに?」
「だから言ったじゃん」
「あほやな〜」
「待って、流星まで?」




ダメだこりゃって雰囲気になったからその話題はもうやめて違う話題に移るんだけど、重岡くんはなんか納得いってなさそうな顔しててわたしがトイレにいってる間にりゅかみちゃんに「なあさっきの話なに?」「あいつ好きな人おんの?誰?」「なんで俺だけ秘密なん?!」「なあ!!!!!」ってしつこくきいてたらいいよ、可愛いね!!!!!







数日後出勤するとたまたま会社の前でバッタリ神ちゃんと会って、あの日以来しつこくしげちゃんから「教えてや!」って言われてること、あまりにもしつこいから「お前と同じ部署の同期やアホ」って言っちゃったこと、ごめんあまりにもしつこいからバラしてもうたって謝られるんだよね。


その時のしげちゃんはというと、「え?同じ部署の同期?同じ部署の同期って俺しかいないやんけ……え?どういうこと?は?え?」ってちょっとパニックになりつつ顔真っ赤にして頭抱えながら「え、それってつまり…え?お、俺?おれってこと?」ってぶつぶつ呟いてたらいいよ!!!!




神ちゃんになんでバラすの〜〜!!!って怒るんだけど神ちゃんはなんかにやにやしてて、まあ頑張れよ!って爽やかな笑顔を残して会社の中に消えてくんだよね。意を決して自分も部署に入るともう重岡くんは出勤してて、「お、おはよう」って挨拶してくれるんだけどなんかいつもより素っ気なくて、でも耳赤くてそわそわしてる重岡くんとドキドキオフィシャルラブを繰り広げたいんじゃ〜〜〜〜〜〜!!!!!!








神ちゃんが重岡くんにバラす前に、しげは好きな人とかおらんの?って聞くと「俺?いまはそういうのないな〜ええなって思うやつおらんねんな〜。まあ、ホリエくらいかな、気ぃ許してんの(笑)」ってぽろっとしゃべってたらいいよね!!それで神ちゃんがあれ?もしかしてこの二人くっつくんちゃうかな?って思ってたらべりーぱーふぇくとです!!!!!



以上です!!!!!!