読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れもんすかっしゅはうまい

ホリエと申します

って、……寝んなや



おはこんばちは

朝昼晩いつでも使える挨拶、おすすめです。




最近重岡くんか神ちゃんの妄想しか思いつかなくてそういう病気かもしれない。てなわけで(?)今回もまた重岡くんです。そして飽きもせず幼馴染み設定でまたかよ!って感じだけど幼馴染みしげちゃんはサイコーだからしょうないんだ!!!!会話文が多いよ!!!!はじめます!!!!



 



久しぶりにしげちゃんとお酒を飲みに行って、ちょっと飲み過ぎてグロッキーなわたし





「ね〜〜しげちゃんおんぶ〜〜」
「もうしてるやろアホか」
「そうだった〜〜でへへ〜〜」
「おまえほんま飲み過ぎやって」
「だってぇ〜〜しげちゃんと飲むの楽しいんだもぉん」
「きっしょ(笑)甘えた声を出すな(笑)」
「しげちゃんひどーーーい」
「いでで暴れんなって!」
「暴れてな…………ウッ」
「え、待って嘘やろ」
「…………吐きそう」
「まってまってまって!いまどっかはいるから!」
「なんちゃって♡」
「しばくぞほんま」









いつもはしげちゃんがウザ絡みしてくるのあしらってるけど今日は自分がウザ絡みしちゃって(しかも酔っ払ってる最悪コンディション)めんどくさそうにしてるけど結局優しいのがしげちゃんなんだよね、わかる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜










「ねえ、しげー」
「んー」
「中間さんってさあ、ずるいよね」
「なにがやねん」
「わたしがさぁーこんなにアピールしてさぁー絶対気づいてるのに気づいてないふりしてさぁー、ずるくない?」
「……。」
「まあわかってるよ、わたし別に可愛くもないし全然素直じゃないし、中間さんからしたら妹くらいにしか思われてないってことくらいね、わかってるの!」
「……おー」
「それなのにやざじぐじでぐれるなんでずるい!!」
「…鼻水拭け」
「泣いてない!!!」
「わーったから、ほら」









ってわたしのことおんぶしてるのにポケットからご丁寧にハンカチだして貸してくれるんだよね。重岡くん絶対ポケットにティッシュ(×2)とハンカチいれてるんだよわかるわかる。












「…ありがと」 
「ほんまめんどくさいなおまえ(笑)」
「うるさい、わかってるし」
「でも」
「ん?」









「俺くらいやで、お前の相手できんの」
「……なにそれ」

























「だから俺にしとけって。淳太くんより絶対幸せにするから。」















「って、……寝んなや(笑)」



f:id:mojmoj7:20160924143201j:image







って言いながらさあ!!!俯きながら笑ってくれたらわたし幸せかなっておもうんだよね!!!!!どう??!!?!




ふう

これさ、ほんとに寝ちゃうパターンと覚えてないパターンと悩んだからそこはもうみなさんにお任せしますね。後日重岡くんから再び告白されるのは決定事項なんでしくよろ(死語)







余談なんですけど淳太くんは会社の上司で、しげちゃんと同じ大学だったから(自分も同じ大学だけど学部が違うてきなやつ)淳太くんのことはしげちゃんも知ってる的なやつね!片思いしてるんだけどうまいことかわされてばっかりでやけ酒した帰り的なやつです



はぁ……重岡くんってほんと……好き……





問題があるとしたらわたしは酒を飲んでもこんなに可愛く酔えないってことですかね。



以上です

風邪っぴきとかみしげちゃん



はいはいどうも
今回は風邪をひいた自分とかみしげちゃん(ていうかほぼ神ちゃん)で妄想したいと思います。



9割会話文なうえむかーーーーしやってたブログでえいとさんで妄想してたのを引っ張り出してきたやつなんだけど気にしない!!!!気にしたら負けだ!!!ということでレッツゴー!!!!










『もじもじじげおが?』
「は?なんやねんその声」
『がぜひいぢゃっで』
「やっば』
『ゔん、ぞうな゛の゛やばいの゛」
「神ちゃんは?」
『いっでない、でがい゛わな゛い゛で」
「はぁ?」
『どもぐんにい゛っだら絶対家ぐる』
「そりゃいくやろ」
『でも゛いまいぞがじいじうづじだらだいへんだがらいいの゛』
「それはそうやけど」
『だがらじげおがポカリがっできで』 
「おかしいやろ」
『玄関にがげどいでぐれればいいがら』
「…はいはい」







ピンポーン

 





『はい、じげおが?』
「ともひろやけど」
『え゛?!』
「両手塞がってるからはよ開けて」
『でも!うづっだらだいへんだがら』
「マスクしてるから平気や。はよ開け」
『はい……』





ドア開けると大量に飲み物やらなんやら買い込んだであろう神ちゃんがちょっと怒った顔して立ってて、でも律儀にお邪魔しますってあがって「なんか食べた?」「お粥作るからキッチン借りる」「ええから寝とき」ってこっちがあたふたしてる間にテキパキ準備すすめるんだよね。おとなしく布団に入るんだけど落ち着かないからキッチンでお粥作る神ちゃんをこっそり覗き見してるんだけど「目瞑ってるだけでも休まるからちょっと寝とけ」ってノールックでいわれるの。ばれてる!!!!!こっそりみてたのにばれてる!!!!なんで!!!!!!




なかなか寝つけなくて、ようやくうとうとしかけたときに「できたで」ってお粥持ってきてくれるんだけど「起こしたやろ、ごめんな。ちょっとでええから食べて薬飲も」っていう神ちゃんのしゃべりかたの優しいこと優しいこと……さっきまでおこぷんしてたのにすぐ甘やかしてくれるんだよな……神ちゃんって…………飴とムチ………………

 



お粥食べて薬飲んだら眠くなってきてうとうとしてたら、起きるまでおるからってお手手ぎゅってしてくれてベッドの横に座り込んで一緒に寝ちゃう神ちゃんください!!!!切実です!!!!わたしの体調が良くなってからなんで俺にすぐ言わんねんって強めに怒られたい!!!!!それを横できいてけらけら笑ってる重岡大毅に肩パンするところまで安易に想像つきました、ありがとうございます






以上です

鈍感重岡くん




はいはいどうも
呟こうと思ってたことがなんか無駄に長くなったのでブログにしてみました



今日はりゅかみしげちゃんが会社の同期で久しぶりの同期飲みをテーマにお送りしたいと思います
 

私と重岡くんは同じ部署に配属になって、流星くんと神ちゃんは隣の部署に配属されたからみんなで集まるのは結構久しぶりで、楽しくわいわい飲んでるんだよね。しばらくしていい感じに酔いが回ってきたくらいに重岡くんがトイレに行くんだよね。そしたらもうここぞとばかりに神ちゃんが話しかけてくるの。 



「で、しげとどうなん?」
「あ〜それ俺も聞こうと思ってた!」
「いや別にどうもこうもないけど」
「どうもこうもあれよ〜〜!」
「なんで?しげほんまに気付いてないの?」
「ないね〜」
「流星ですら気付いたのに」
「待って、どういうこと」
「あの鈍感男が気づくわけないじゃん」





あーほんとむかつく!しげのばか!ってビールをダンッて机に置いたら「おーおーずいぶんデカイ声で悪口言うやんけ〜」ってケラケラ笑う重岡くんが入ってくるんだよね。やばい、いまの話聞かれてたかな…ってヒヤヒヤしてたけど「で、なんの話?」っていうからひと安心だよね。 




「で、なんの話?」
「別に」
「う〜わ!エリカ様やん!(笑)」
「うるさい!」
「何怒ってんねん(笑)」
「恋する乙女は情緒不安定なんよな」
「恋する乙女?」




神ちゃんがまた余計なこというからちょっと神ちゃん!!ってちょっと怒ると「え?!ホリエ好きな人おんの?!」って重岡くんが心底びっくりした顔してるからわたしとりゅかみちゃんは呆れ顔だよね。




「それはあかんわ、しげ」
「え?なに?」
「だから言ったじゃん」
「あほやな〜」
「待って、流星まで?」




ダメだこりゃって雰囲気になったからその話題はもうやめて違う話題に移るんだけど、重岡くんはなんか納得いってなさそうな顔しててわたしがトイレにいってる間にりゅかみちゃんに「なあさっきの話なに?」「あいつ好きな人おんの?誰?」「なんで俺だけ秘密なん?!」「なあ!!!!!」ってしつこくきいてたらいいよ、可愛いね!!!!!







数日後出勤するとたまたま会社の前でバッタリ神ちゃんと会って、あの日以来しつこくしげちゃんから「教えてや!」って言われてること、あまりにもしつこいから「お前と同じ部署の同期やアホ」って言っちゃったこと、ごめんあまりにもしつこいからバラしてもうたって謝られるんだよね。


その時のしげちゃんはというと、「え?同じ部署の同期?同じ部署の同期って俺しかいないやんけ……え?どういうこと?は?え?」ってちょっとパニックになりつつ顔真っ赤にして頭抱えながら「え、それってつまり…え?お、俺?おれってこと?」ってぶつぶつ呟いてたらいいよ!!!!




神ちゃんになんでバラすの〜〜!!!って怒るんだけど神ちゃんはなんかにやにやしてて、まあ頑張れよ!って爽やかな笑顔を残して会社の中に消えてくんだよね。意を決して自分も部署に入るともう重岡くんは出勤してて、「お、おはよう」って挨拶してくれるんだけどなんかいつもより素っ気なくて、でも耳赤くてそわそわしてる重岡くんとドキドキオフィシャルラブを繰り広げたいんじゃ〜〜〜〜〜〜!!!!!!








神ちゃんが重岡くんにバラす前に、しげは好きな人とかおらんの?って聞くと「俺?いまはそういうのないな〜ええなって思うやつおらんねんな〜。まあ、ホリエくらいかな、気ぃ許してんの(笑)」ってぽろっとしゃべってたらいいよね!!それで神ちゃんがあれ?もしかしてこの二人くっつくんちゃうかな?って思ってたらべりーぱーふぇくとです!!!!!



以上です!!!!!!

じゃあ俺が好きっていったらやめんの?



 

どうも

今回は重岡くんに言って欲しい言葉をテーマに妄想をお送りしたいと思います。



いろいろどうしようか考えたんだけど、重岡くんは幼馴染で神ちゃんはクラスメイトってことにしよう、うんうん。



本当は自分は重岡くんのこと好きなんだけど重岡くんには彼女がいて、わたしの方が昔から好きなのに…とか思ってるんだよね。でも結局今の関係を壊したくないからそれが言えないでいて、そのうち彼女できちゃったんだよ。なんだかんだ重岡くんも自分のこと好きなんじゃないかとか思ってたからそりゃもうショックでまあまあ落ち込んでたんだよね。




重岡くんに彼女が出来る前は神ちゃんを含めた仲良し3人組でよく一緒に居たんだけど、彼女ができてから少しずつ3人でいる時間が減ってお昼ご飯も神ちゃんと二人で食べたりしてたの。それがしばらく続いて、なんかもうそれが当たり前になってきてて帰りも神ちゃーん帰ろー!って二人で帰るようになるの。神ちゃんはなにも聞いてこないけどわたしが落ち込んでることに気づいてて、パフェ食べようやぁーとか海行こ!とかわたしが好きなとこに連れてってくれるんだよね……神ちゃん……神ちゃんは本当優しいなあ…………(泣)


でも神ちゃんがわたしに好意をもってくれてるのはなんとなく気づいてて、でもそれでまた関係が崩れるのが怖くて気づかないふりするの…………ズルい女だよわたしは!!!!!!!!!!神ちゃんの優しさに甘えちゃうの!!!!!



でもある日、いつもみたいにくだらないこと話しながら帰ってると神ちゃんがふと立ち止まって真剣な顔で「俺やっぱり自分の気持ちに嘘つけへんわ。お前が好き、ずっと前から」って告白されるんだよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!  




「ホリエがしげのこと好きなのも分かってる。もしダメでも、俺はホリエから離れたりせぇへんよ。だからゆっくり考えて欲しい、ゆっくりでええから俺のこと好きになって欲しい。それじゃアカン?」




















アカンわけないやん(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)



神ちゃんの優しさとか男らしさも感じてて告白されたのは全然嫌じゃないしむしろ嬉しいくらいだったんだよね。でもやっぱりまだ重岡くんのこと割り切れてないし少し考えさせて欲しいって言うんだけど、それでも神ちゃんはいつもみたいにふるまってくれてね………やざじい゛の゛(泣)(泣)(泣)




神ちゃんのことならもしかしたら好きになれるかもって思ったから、明日学校であったらそれを伝えようって決心して帰宅するんだけどそしたらお家の前に重岡くんしゃがみ込んでボケーっとしてんの




「……よお、なんか久しぶりやな」




久しぶりやなって自分から離れてったくせに、なんて思いながらそうだねなんて返すんだよね。重岡くんってばあんまり一緒にいなくなったくせにわたしと神ちゃんの関係が前とちょっと変わったことに気づいてて「付き合ってんの?」「違うけど」「じゃあ告白された?」「……。」「図星や」って笑うんだよ……なんで気付くんだよ!!!!!!!!エスパーかよ!!!!!!!


「付き合うの?神ちゃんと」
「うーん、付き合ってみようかなって思ってる」
「それは神ちゃんが好きやから?それとも同情?」
「…なにその言い方」
「だってそうやんか。好きでもないのに付き合って、期待させるだけさせといて振るんやったら最初から付き合わんほうが神ちゃんのためやろ」
「なんで振るって決めつけるの?神ちゃんなら好きになれそうって思ったから付き合いたいって思ったの。だいたいしげになんでそんなこと言われなくちゃいけないの?私は私のこと好きって言ってくれる人と付き合いた」





  

























「じゃあ、俺が好きって言ったらやめんの?」  

















「なあ、お前が好きなんは俺ちゃうの?」


 




 










 

















なにそれ(泣)




何それ?!?ねえ!!!!!なんでそんなこというのしげちゃん!!!!!!彼女いるくせになんてそんなこというの?!?!?!?! ねえ!!!!!!!!!




ふう、取り乱した

急に腕掴んでそんなこと言ってくるくせにパッと掴んでた手放して「ごめん、いまの忘れて」ってお家に戻るんでしょ?わかる、わかるよわたしには。本当重岡くんってば思わせぶりなことばっかりいうんだから……でもそんな重岡くんが好き……無理…………






このあとの展開は読んでくれたみなさんのお好みでどうぞ



以上です

お兄ちゃん組と文化祭




どうも、唐突なんですけど文化祭行きたくないですか?ホリエはとうの昔に学生終了させてるのでめちゃくちゃ文化祭いきたいんですよ



そこで文化祭の妄想をはじめてみたんだけどなんかめちゃくちゃ長くなりそうだったのでとりあえずお兄ちゃん組置いときますね





まずお兄ちゃん組は3年生でお茶屋さんやるんですよ


主にお抹茶と和菓子置いてるんですけど、苦手な人のためにほうじ茶とちょっとした焼き菓子とかも置いてるんですよね。そんでそのお菓子は地元じゃ有名な和菓子屋さんのお菓子なんですけど、そこの跡取り息子が濱田くんなんですよね。
 


え?和菓子屋の跡取り息子濱田くんってめちゃくちゃ素敵じゃない?跡取り息子とはいうものの卒業してすぐ弟子入りじゃなくて最初は反抗心で数年社会で揉まれてやっぱり親父ってかっこいいなってなってあらためてお父さんの元に弟子入り……いやそんな話はいまいらないねごめんごめん




ちなみになんだけど淳太くんは茶道の有名な家元の息子さんで、文化祭のそのお茶屋さんにいくと淳太くんがお茶点ててくれるんだよ……美しくない……??着物姿で凛とした淳太くんがお茶点ててくれるの控えめに言っても最高だよね



マダム人気強い淳太くんだから一般のお客さんでも賑わっちゃうよね……


 
淳太くんと濱田くんは自分で着物の着付けできるんだけど、照史くんはぜーんぜんわかんないから全部淳太くんにやってもらってるんだよね!ちょっと帯が緩くなると「はまちゃん!緩なった!!」ってはまちゃんのとこに走ってくんだよね〜〜〜〜!!!可愛すぎる〜〜〜〜〜!!!!




淳太くんがお茶点てて、照史くんはお客さんにお菓子だす係で、はまちゃん呼び込みなんだけど照史くんちょこちょこつまみ食いするから数合わなくて「照史ー!!これも食べたやろ!!」って淳太くんに怒られちゃうんだよねぇ!!わかる〜〜〜〜〜!!!!「え!それ食べてええやつちゃうの?!」ってスーパーきゅるるんワンコだしてくる照史くんはサイコーだと思います!!!!淳太くんはずっとぶつくさ文句いってるんだけどはまちゃんにまあまあ淳太そんな怒らんでもいっぱいあるから、な?ってなだめるはまちゃんなんだよナ!!!!!はまちゃん照史に甘いねん…ってさらにぶつくさいってる淳太くん容易に想像できちゃうんだな!



呼び込みはまちゃんは店の前に立ってるだけで沢山の生徒、先生、他校の友達に声かけられるんだよね〜〜!!愛されはまちゃんあるある〜〜〜〜!!!!お茶菓子うちのやから寄ってってや〜ってさりげなく実家のお菓子の宣伝するはまちゃんは出来る子なんですよ!!!



しばらくするとかみしげちゃんがチィーッスってやってきて、淳太!なんかおまけして!っていう重岡くんのことは華麗にスルーして神ちゃんきてくれてありがとうな、これ神ちゃん好きかなあと思って取っといたんやけどって淳太くんオススメ和菓子差し出されて神ちゃん目きらきらさせながら、えーー!!めっちゃおいしそう!え!写真撮ってええ?!ってにこにこしてるんだよーーーー可愛いしかないーーーーー!!!!!なあ淳太、おれのは?なあ、なあ!!!ってなってる重岡くんも可愛いね。もちろん重岡くんのはないよ。



このあとツインちゃんきてツインちゃんにもお菓子用意されてるのに重岡くんだけやっぱりなくて、なんでや!!ってなってる重岡くんみたいからよろしくね。



なんかわけわからん終わり方してしまったけど仕事時間が迫ってるのでまたいつか


以上





相合傘と流星くんと神ちゃん




ツイッターで妄想してるうちに文字数が足りなくなったので改めてクソ長い文章で投下しときますね!!



神ちゃんと仲良しな隣のクラスの流星くんが気になってるんだけど、ほとんど話したことないんだよね。でもよく神ちゃんと一緒にいて楽しそうにしてるの見てなんとなくいいなあと思ってるの。



学校休みの日に買い物に出かけてそろそろ帰ろうかなと思って外に出たら土砂降りで、カバンの中みたけど傘入ってなくてしょうがないから雨弱まるの待ってたの。


なかなかやまないなーなんてボケーっとしてたら「あれ?ホリエどーしたん?」って声かけられて振り向くと派手な格好した神ちゃんととにかくかっこいい流星くんがいるの。制服でもかっこいいのに私服の流星くんなんてめちゃくちゃにかっこいいよね、わかる。



折りたたみ持ってきたと思ったんだけど忘れちゃったみたいで、っていったら「あーそうなんや。じゃあ送ったるよ、駅まででええの?流星も別にええよな?」とか神ちゃん言い出すからいやいや何を言い出すのって思ってたら流星くんもええよーって笑うから、もうわたしは内心穏やかじゃない。わたしが傘持ってないということはどちらかと相合傘しなきゃいけない?ってこと?流星くんとなんて絶対無理だしよし神ちゃんに入れてもら…




「流星いれたってよ、俺の折りたたみでちっさいからさ」





え?今なんて?流星いれたってよ?ちょっとまって神山くん何いってんの?無理無理流星くんと相合傘なんて心臓もたないよ無理無理って思ってるうちに流星くんがどうぞってにこにこ傘の中でスペースあけてくれるからもう入るしかないよね。



「俺と流星で相合傘してもええねんけどな」
「いやそれは俺が嫌やわ」


とかなんか二人楽しそうに話してるんだけど全然それどころじゃない。流星くんめっちゃ身長高いしかっこいいしていうかなんかいい匂いするしそれどころじゃない。


とか言ってる間に駅に着いて、あれ…なんかもう着いちゃうのか……なんて思いながら送ってくれてありがとうって流星くんみたら肩がそりゃもうびっちゃびちゃ。え!?ごめんね流星くん!ってわたわたしてると「あー、俺は平気やで。ホリエさんは大丈夫やった?」 







いや優男かよ(泣)(泣)



わたしは大丈夫だけど流星くんが…っておろおろしてたら「ならよかった。ホリエさんせっかく可愛い服着てるのに濡れたら勿体無いやん」ってサラッと殺し文句いうんだよわかるわかる。ッカァーーー藤井流星って男は本当によぉ!!!!そんなこといわれたら顔赤くなっちゃうじゃん!!!可愛いのは服であってわたしじゃないちがうちがう喜んじゃダメだって言い聞かせながら流星くんにハンカチ渡そうね!!!「え!ええよ!ええよ!」ってお断りされても大したハンカチじゃないからむしろ使って捨ててくれてもいいからって押し付けようね!その横で神ちゃんにやにやしてるよね!!わかる!!! 


じゃあまた明日学校で、って足早に電車に向かって心を落ち着かせたいのにドキドキとまらないっていう青春を過ごしたかった。

わたしが居なくなった後に流星くんが神ちゃんに「どうしようつい可愛いっていってもうた引かれてへんかな?チャラいって思われたかな?」って相談してたらなおよし。ハンカチのおかげでまた明日も話せるって思ってくれてたらサイコーです。

そう、じつはお互いちょっと気になってたってやつですね。流星くんの傘に入るようにすすめたのさそれを知ってた神ちゃんの粋な計らいってやつですね、わかるわかる。

こんな青春過ごしたかった(2回目)

現実でこんなことが起こっても、果たしてわたしはこんな風に可愛い反応出来るのか…いや無理だよなって思うけど妄想ならなんでもありだから最高だと思います。

以上です

ブログ、始めました



ツイッターじゃもう文字数が全然足りないから勢いで作った、後悔はしてない。

気まぐれで更新します。 

主に妄想しか置いてません。気が向いたら日常のことやらコンサートのことも書いてみようかなと思うけど多分かかない、たぶん。

以上