読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れもんすかっしゅはうまい

ホリエと申します

幼馴染みのんちゃん






ビール
(一番好きな飲み物)




にょきにょき、ホリエです


たぶんわかる人にはわかる挨拶

というかいつの間にか中丸くんがwebでにょきにょきを使っていなかったことを知りショックを受けています




まあそんなことはどうでもいいんだ

今回は年下幼馴染みのんちゃんをテーマに妄想しております。結局なにが言いたいのかよく分からなくなってるけどゆるして☆

れっつらゴー☆








のんちゃんとは幼馴染みかつお隣さんで、のんちゃんのお姉ちゃんがわたしの一個上だったからいつも一緒に登校してたんだよね。のんちゃんが小学校に入学してからは3人で一緒に登校するんだけど、お姉ちゃんが先に卒業だからこれをきっかけにのんちゃんお友達と登校したいかな?と思って、のんちゃん明日からはお友達と一緒に学校行ってもいいんだよ?っていうんだけど俯いてお口尖らせながら「……朝はホリエちゃんと一緒じゃなきゃやだ…」とかいうんだよ!!!!!可愛い!!!!!!(大声)








のんちゃんはわたしの3個下だから中高はすれ違い入学でなかなか朝会えなくて、たまーに玄関ガチャッてあけると同時に隣の玄関もガチャッて開いて「「あ」」「おはー」「ういーす」てなるんだよ、最高でない?のんちゃんチャリ通なのに玄関でバッタリ会ったときだけは当たり前のように自転車おして一緒に駅に向かうんだよね、わかる。









「大学受かったんやろ?」
「うん、第一志望のとこ」
「すごいやん。」
「でしょー(笑)」


「俺やっと中学卒業すんのにもう大学かよー」
「のんちゃんも高校生かー早いなー」
「なあ」
「ん?」
「俺さ、ホリエちゃんと同じ大学目指したらキモい?」
「え?別にキモくないけど」
「ほんま?!じゃあ俺が大学受かったら朝一緒に登校してくれる?!」
「いいけど(笑)そんな理由で大学決めちゃっていいの?」






気になってる学部あんねん!俺絶対受かるから!約束忘れんとってな!絶対やで!って念押しして、友達待ってるから!じゃあな!って駐輪場に走るのんちゃんはほんとに可愛いんだよ……わかるでしょ……









3年なんてあっという間で、ほんとにのんちゃん大学受かっちゃうし、自分が入ってたダンスサークルにも入ってくるんだよね!のんちゃんは持ち前の人懐っこさでみんなから可愛がられちゃうんだよ〜〜〜わかる〜〜〜〜
!!のんちゃんが一番仲良しなのは一年浪人した上に留年しちゃって同じ学年の流星くん(2個上)で、学部も一緒だから普段も一緒に行動してんだよね。もちろんハイパーイケメンコンビだからとにかく目立つ、サイコー。







追いかけて追いかけてやっと追いついたのんちゃんだけど、実はわたしが一個下で部長候補の神ちゃんといい感じになってることをサークルに入って知ってしまうんだよ。まだ付き合ってないけど時間の問題的なやつな!!のんちゃんつらいなぁぁあああ!!!!!!「ホリエちゃん神ちゃんと付き合ってんの?」「えっ??!いやいや、そんなんじゃないから!!」っていいながらニヤニヤしちゃうわたしのことを少し悲しそうな顔しながら見てるんだよ……!!!なんで気づかないのわたしの馬鹿!!!!!!!!!







ダンスサークルの部室からはちょうど玄関がよく見えて、練習終わって机に突っ伏しながらボーッと外眺めてるのんちゃんのほっぺたにジュース当てて「つめた!!」って飛び起きるのを見て笑ってるのはもちろん流星くん。「なにボーッとしてんねん」「疲れたなぁおもて」「絶対嘘やん(笑)なんか悩んでんねやろ」「……ムカつくわぁ、なんでわかんねん」「いや分かるやろ」って口の端あげて笑う流星はハイパーイケメンなんだ、知ってた。











「あ、神ちゃんとホリエさん」






ふと外見ると仲よさげに帰る二人の姿が見えて思わず目をそらしちゃうのんちゃんなんだよねえ、よちよち







「なーりゅーせー」
「んー」
「あの二人付き合ってんのかなー」
「ぽいよなー」
「はぁーーーーーーーそーやんなーーーー」
「ホリエさんのことやろ?悩んでんの」
「………………うん」




はぁーーーーなんで神ちゃんやねんって机にまた突っ伏してうなだれてると元気出せよーって頭ぽんぽんする流星くんに「……きもい(笑)」って思わず笑っちゃうんだよお。 









 

















「……やっと追いついたと思ったのに」
「え?」
「ホリエちゃんに、やっと追いついたと思ったのに。ずーーーーーっと弟みたいにしか見てもらえんくて、ほんまにやっと、恋人に近づけるかなーーーーって思ったのに」



f:id:mojmoj7:20161018215230j:image











そううまくはいかんよなーって、また歩く二人を見つめるのんちゃんの切なそうな顔に流星くんもなんも言えなくなっちゃうんだよおおおおおおおおお……(泣)(泣)(泣)










 





「俺にはずっとホリエちゃんしかおらんのになぁ……。でもホリエちゃんには神ちゃんおんねんな、はぁーーーーなきそ(笑)」






って無理やり笑顔つくるのんちゃんの頭をひたすらなでなでしたいし困ったように笑うことしかできない流星くんをまとめて抱きしめたいのでわたしをキャストに入れて映画化よろしくお願いします。溺れる準備はもうできてる。
  
  


「俺には◯◯ちゃんしかおらんのになぁ…」って台詞を言わせたいだけに書き始めたブログだったのに無駄に長いし肝心なところ簡潔すぎてうんこなのはいつものことなので気にしないでください



以上です