読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れもんすかっしゅはうまい

ホリエと申します

相合傘と流星くんと神ちゃん




ツイッターで妄想してるうちに文字数が足りなくなったので改めてクソ長い文章で投下しときますね!!



神ちゃんと仲良しな隣のクラスの流星くんが気になってるんだけど、ほとんど話したことないんだよね。でもよく神ちゃんと一緒にいて楽しそうにしてるの見てなんとなくいいなあと思ってるの。



学校休みの日に買い物に出かけてそろそろ帰ろうかなと思って外に出たら土砂降りで、カバンの中みたけど傘入ってなくてしょうがないから雨弱まるの待ってたの。


なかなかやまないなーなんてボケーっとしてたら「あれ?ホリエどーしたん?」って声かけられて振り向くと派手な格好した神ちゃんととにかくかっこいい流星くんがいるの。制服でもかっこいいのに私服の流星くんなんてめちゃくちゃにかっこいいよね、わかる。



折りたたみ持ってきたと思ったんだけど忘れちゃったみたいで、っていったら「あーそうなんや。じゃあ送ったるよ、駅まででええの?流星も別にええよな?」とか神ちゃん言い出すからいやいや何を言い出すのって思ってたら流星くんもええよーって笑うから、もうわたしは内心穏やかじゃない。わたしが傘持ってないということはどちらかと相合傘しなきゃいけない?ってこと?流星くんとなんて絶対無理だしよし神ちゃんに入れてもら…




「流星いれたってよ、俺の折りたたみでちっさいからさ」





え?今なんて?流星いれたってよ?ちょっとまって神山くん何いってんの?無理無理流星くんと相合傘なんて心臓もたないよ無理無理って思ってるうちに流星くんがどうぞってにこにこ傘の中でスペースあけてくれるからもう入るしかないよね。



「俺と流星で相合傘してもええねんけどな」
「いやそれは俺が嫌やわ」


とかなんか二人楽しそうに話してるんだけど全然それどころじゃない。流星くんめっちゃ身長高いしかっこいいしていうかなんかいい匂いするしそれどころじゃない。


とか言ってる間に駅に着いて、あれ…なんかもう着いちゃうのか……なんて思いながら送ってくれてありがとうって流星くんみたら肩がそりゃもうびっちゃびちゃ。え!?ごめんね流星くん!ってわたわたしてると「あー、俺は平気やで。ホリエさんは大丈夫やった?」 







いや優男かよ(泣)(泣)



わたしは大丈夫だけど流星くんが…っておろおろしてたら「ならよかった。ホリエさんせっかく可愛い服着てるのに濡れたら勿体無いやん」ってサラッと殺し文句いうんだよわかるわかる。ッカァーーー藤井流星って男は本当によぉ!!!!そんなこといわれたら顔赤くなっちゃうじゃん!!!可愛いのは服であってわたしじゃないちがうちがう喜んじゃダメだって言い聞かせながら流星くんにハンカチ渡そうね!!!「え!ええよ!ええよ!」ってお断りされても大したハンカチじゃないからむしろ使って捨ててくれてもいいからって押し付けようね!その横で神ちゃんにやにやしてるよね!!わかる!!! 


じゃあまた明日学校で、って足早に電車に向かって心を落ち着かせたいのにドキドキとまらないっていう青春を過ごしたかった。

わたしが居なくなった後に流星くんが神ちゃんに「どうしようつい可愛いっていってもうた引かれてへんかな?チャラいって思われたかな?」って相談してたらなおよし。ハンカチのおかげでまた明日も話せるって思ってくれてたらサイコーです。

そう、じつはお互いちょっと気になってたってやつですね。流星くんの傘に入るようにすすめたのさそれを知ってた神ちゃんの粋な計らいってやつですね、わかるわかる。

こんな青春過ごしたかった(2回目)

現実でこんなことが起こっても、果たしてわたしはこんな風に可愛い反応出来るのか…いや無理だよなって思うけど妄想ならなんでもありだから最高だと思います。

以上です