れもんすかっしゅはうまい

ホリエと申します

濵田崇裕と同窓会

こんばんは

 

唐突にしんどい濵田崇裕の話を思いついたのでブログに認めたいと思います。

 

 

 

まず、濵田崇裕さんとは中高が一緒で密かに恋心を抱いてる訳なんですよ。でも濵田さんとの恋って基本実らないみたいなとこあるじゃないですか。お互い好きだって分かってるのに、なんでかいつもどこかですれ違っていて、うまくいかないまま大人になってしまうんですよ。

 

 

 

高校を卒業してすぐ濵田くんは県外の学校に進学して、自分は地元のしょぼい大学に進学。SNSで見かけたことはあっても、友達申請する勇気もない。ひっそりと覗いては、あー全然変わってないなーってこっそり写真を保存しても、いや自分キモいなってすぐにゴミ箱行き(後からめちゃくちゃ後悔)

 

 

そのうち濵田くんのプロフィールページに"交際中"の文字が見えて、すぐさまアプリは削除。見なかったことにして、濵田くんとはもう関係ないんだと言い聞かせ、それなりに出会いと別れを繰り返しながら大学生活を謳歌するんだよね。就活先も決まり大学生活も終盤に差し掛かった頃、濵田くんが地元に帰ってくるっていう噂を耳にするんだよね。でも相変わらず彼女持ちらしいし、気にはなるけど私には関係ない。うん、関係ない。

 

 

 

春になって就職先で運命の出会い。

県外からわざわざこんなド田舎に就職してきた同期の中間くん。優しくてちょっと不器用な中間くんは何をするのも一生懸命なんだよね。そんな真面目で真っ直ぐすぎるくらいの中間くんを好きになるのに時間は掛からなくて、出会ってから3ヶ月で交際、2年後には結婚するんだよね。

 

そんな幸せ絶頂の最中、家に届いた同窓会のお知らせ。いままでも何度か届いた事はあっても、ずっと濵田くんの事が気にかかって出席したことなかったんだよね。でもそろそろ大丈夫のような気がして、淳太くんに相談したら「久しぶりなんやろ?行ってきいや」って快くオッケーしてくれたんだよね。

 

 

久しぶりに履いたヒール、いつもより煌びやかなアクセサリーやドレスは全部淳太くんに選んでもらった物。少し緊張しながらもお店に入ると、見慣れたメンバーに思わずテンションあがるよね!ひとしきり挨拶を済ませて、幹事の子と話してると濵田くんは仕事の都合で今日は参加できないとの事。残念な気持ちの反面、会わずに済みそうなことに一安心だよね。

 

 

気心知れた仲良しメンバーに会えたことが嬉しくて、ついついいつもよりお酒が進んでしまうんだよね。楽しく酔いが回ってきた頃、入り口付近が妙に騒がしい。気にはなりつつも、だいぶ酔いが回って来てるから立てずにその場でちらちら見てると「お〜〜!濵ちゃん久しぶり〜〜!」って声が聞こえてきて、飲んでたお酒吹き出しそうになるよね。

 

 

 

濵田くんは学年でも人気者だったから、登場するやいなや「元気だったー?」ってすぐに大勢の人に囲まれて、「何言うてん!元気やっちゅ〜ねん!(笑)」って顔は見えなくても懐かしい声が聞こえてきて心臓バクバクしちゃうよね。

来ると思ってなかった人の登場に動悸が止まらないから、少し外で涼むことにしたんだよね。お店の外のベンチに座ってボーッとしてると、「隣いい?」って声掛けてきたのは濵田くん。

 

 

「あっえっ?あ、うん」

「いやキョドりすぎやろ(笑)」

「…ごめん(笑)」

 

 

ケラケラ隣で笑う濵田くんの声は昔と何も変わらなくて、お互い変わったのは左手の薬指に光る指輪くらいなんだよな〜〜

「ちょっと吸っていい?」ってライターをカチカチさせて、煙草を持つ手に光る指輪が妙に眩しくて、あ〜結婚しちゃったんだな〜って漠然と思うんだよね。まあそれは自分もなんだけど。今の時期になるとさすがに外でダラダラするには少し寒くて、手を擦り合わせてたら「寒い?」ってすぐに声掛けてくれるのさすが濵田くんって感じ。「寒くなってきたし、もうちょっとしたら戻ろうかな」って肩強張らせてたら、

 

 

「…結婚したんやな、お前」

「…それは濵田くんもじゃん」

「ゲホッ濵田くん??!お前さっきからなんっでそんな他人行儀やねん(笑)」

 

 

 

そう、実はずっと崇裕って呼んでたしアホなことでゲラゲラ笑い合うような仲だったんだよね。だけどお互い既婚者ってことでちょっと大人ぶってみたものの、崇裕からしたらなんやねんお前(笑)って感じなんだよな〜〜〜〜!!そっからはさっきよりだいぶ砕けた感じで話してたけど、もういよいよ寒さの限界って感じだったから煙草吸ってる崇裕に「先に戻るね」ってお店に入ろうとしたらガッと腕掴まれて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なぁ。連絡先、聞いてもいい?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とか言われちゃって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜心臓止まる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!

 

「あかん?」とか言われちゃったらさ〜〜〜〜ダメって言えないじゃ〜〜〜〜〜〜ん!!!!!!そんでとりあえず電話番号交換したら崇裕の番号変わってなくて、あって思ってたら「お前、変わってへんやんけ番号(笑)」とか言われて、向こうもこっちの番号覚えててくれたのかと思ったら舞い上がっちゃうよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!ルンルン気分で席に戻ってお酒飲んでたら《淳太くん:まだかかりそう?》のメッセージに一気に現実に引き戻されるよね。ああそうだった、自分も崇裕も既婚者なんだからこんな事してたってどうにもならん!って思ったら急に虚しくなってきて、すぐに番号消してやろうかと思ったのに《ハマダ:久しぶりに飯行こーや》ってメッセージ届いたから《行く!》って二つ返事でオッケーしちゃうよな〜〜〜〜

 

 

 

その日は三次会で解散して、結局家に着いたのは1時過ぎ。淳太くんには先に寝ててって連絡しておいたから、こっそり寝室を覗いたら口開けて寝息立ててる姿が見えて少しの罪悪感に駆られながらも結局崇裕に連絡返しちゃうよな〜〜〜〜

 

 

 

次の日の朝、いつも通り起きて洗濯回してご飯作ってたら起きてきた淳太くんに「昨日遅かったのによお起きれたなぁ」なんて言われるけど、一睡もしてないとは言えないよね(興奮してたから)

 

 

 

 

「そういえば〇〇って、地元△△やんな?」

「ん?そうだよ〜」

「俺の仲良い大学の同級生にも△△の人おんねんけどさ、

 

 

 

 

 

 

 

ハマダって知ってる?濵田崇裕」

 

 

 

 

って言われて時止まる

 

 

 

(そしてここで流れるPrisoner Of Love)

 

 

 

 

 

は〜〜〜〜〜〜〜〜ここから先を書きたかったのにもうしんどさが限界なのでいつか書きます。濵田崇裕しんどいよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜そして淳太くんとの三角関係〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

 

 

 

現場からは以上です

濵ちゃん先生に片思い

 

 

 

 

肌寒くなってきましたねぇ〜

 

 

 

どうも

まだ夏が終わったと信じたくない芸人、ホリエです

 

 

 

なかなか現場が発表されなくていよいよ干物になりそうな勢いなので、妄想でもして潤わせたいと思います!!!(自家発電)

 

 

という事で濵ちゃん先生に片思いしまーーす!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濵ちゃん先生は親しみやすくてみんなから人気で、先生なのにちょっと抜けてて可愛い。よくテスト中みんなが一生懸命問題を解いてる中、先生をチラ見すると首カクカクさせながら寝てるから可愛いんだよね。休み時間に濵ちゃん先生さっき寝てたでしょ!っていうと、「先生が寝るわけないやろぉ!」って言いつつちょっと焦ってるのがまた可愛い。

 

 

 

 

 

なんだか授業受ける気分じゃなくて、サボってこっそり屋上に行くといつも閉まってるはずの鍵が開いてて、恐る恐るドアを開けるとフェンスに寄りかかって煙草を吸ってる濵ちゃん先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

「…おー不良娘、サボりはあかんぞ〜」  

 

 

 

 

 

 

へらっと笑って焦る様子もない濵ちゃん先生に、「濵ちゃん先生だってサボってんじゃん」って言うと「ははっ、ほんまやな」ってフェンスに寄りかかったままポケットから灰皿だしてぐりぐり煙草押し付けて

 

 

 

 

 

 

 

 

「おっちゃんまだクビになりたくないから内緒な」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってすれ違い際に頭ぽんぽんされるから、いままで意識したことなかった煙草の匂いにドキドキして頭抑えたまま突っ立ってたら、「あ、せやこれ」って戻ってきた濵ちゃん先生に「後で持ってきて」ってポイっと鍵渡されて、ニヤリ顔で去る後ろ姿にドキドキしたいんじゃ〜〜〜〜!!!!!

 

 

 

 

そのあと濵ちゃん先生の授業があったんだけど、何事もなかったかのように普通に授業すすめる濵ちゃん先生をぼけーっと見つめてたらバチッと目が合って『ほーかご』って口パクしてくるから、キョロキョロ周りの視線を伺いながら必死に首を縦に振ったら、へへって楽しそうに笑いながら目逸らすからさ〜〜ずるいよね〜〜

 

 

 

 

 

放課後、職員室にいる濵ちゃん先生を廊下から覗き込んでたら「誰?」って声かけてくるのは中間先生。「あ、あの、濵田先生なんですけど…」「濵田先生?珍しいな、ちょっと待ってな。濵田先生ーー」って中間先生が声掛けると、持ってたプリントがぐしゃぐしゃになりそうな勢いで「おー、今行く!」って手振ってくるからちょっとびっくりするよね。

 

 

 

 

 

勉強します風を装って二人揃って教科書持って空き教室行くけど、まあ勉強なんてするわけないよね。ありがとーございましたって鍵返したら、「おー、どーもどーも。…俺が鍵持ってる事内緒な」「別に誰にも言いませんけど」「淳太とかほんまうるさいからさぁ」「…淳太?って、中間先生?」「あーそうそう。淳太なぁ大学一緒やってん」まー地元はちゃうから、教育実習とかは別やってんけどな〜って話す濵ちゃん先生が妙に楽しそうで、「仲良いんですね」「おっ分かる?(笑)」「わかるでしょ〜〜」

 

濵ちゃん先生分かりやすいもんって笑ったら、「おーおー言うやんけ〜」って頭ガシッと鷲掴みにされて「痛い〜!」って言うけど本当は全然痛くないし、そのままぽんぽんしてくるからずるいんだよな〜〜!!!濵ちゃん先生手大きいな〜ってごつごつと骨ばった手の感触をダイレクトに感じてしまって黙り込んでてたら、「よし、そろそろ遅いから帰るぞ〜」「え?送ってくれるの?」「なに言うーてん(笑)歩いて帰れ」「え〜(笑)」ってふざけ半分本当に送ってくれないかなと思ったけどそこは送ってくれないんだよな〜〜!ケッ!

 

 

 

それから授業サボる度に濵ちゃん先生いないかな〜ってついつい屋上見に行っちゃうし、フェンスに寄りかかって煙草に火つけようとライターカチカチしてる所に「ハマダーー!!!」ってわざとデカイ声出したら、焦ってライター落とすからゲラゲラ笑ってたら無言で濵ちゃん先生にどつかれるよね。携帯見ながら煙草ふかす隣にしゃがみ込んでキャベツ太郎食べてたら、「なに食うてんの?」って上からヒョイッと覗き込んできてあまりの近さに「ちょ!近い!」って肩叩くと「いてて、これ以上肩下がったらどないすんねん!」って肩すりすりさせるから可愛い。「あ、これまだ売ってんねや!懐かしいな〜ちょっと頂戴」って勝手に袋に手突っ込んでボリボリ食べて「は〜なつかし!俺も今度買お!」って指ぺろっと舐めたのが!!なんか!!エロい!!!こっちがそれ見てドキドキしてることなんて知らない濵ちゃん先生は呑気に駄菓子談義してるけどそれどころじゃないんだよな〜〜〜〜ハマダ〜〜〜〜!!!!

 

 

 

移動教室で階段降りてたら下のほうに濵ちゃん先生が見えたから、「濵ちゃん先生〜」って上から覗き込んだら「お〜移動教室か?」「そうでーす」「そうか〜ていうかお前パンツ見えとるぞ〜」「え!!!!」バッとスカート抑えて変態!って顔真っ赤にしてたら、ケラケラ笑いながら「あほぉ、規定の丈にせぇ」って去っていくからさ〜〜〜〜もう〜〜〜〜!!!!ハマダ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

 

 

 

 

補習で帰るのが遅くなった日、暗い路地を一人で歩いてたら「よ〜お姉ちゃ〜ん」って車を自分と並行させながら声掛けてくる人がいて、怖くて早歩きで逃げようとしたら「お〜い、ハマダやけど〜」って言われて振り返ったら本当に濵ちゃん先生。「こんな時間まで何してん」「ほしゅー」「…そらしゃあないわ」しゃーないなーって助手席の物片し始めて、「はい」「え?」「今日だけ乗したる」「え!いいの!」「今日だけな」わーい!って助手席座ってシートベルト締めたはいいものの、急に緊張してきてキョロキョロ車内見渡しちゃうよね。車内に流れる音楽聴きながら、ふーんこういうの聴くんだ〜とか置いてある煙草いつものやつだ〜とか、その横に置いてある指輪が気になって「濵ちゃん先生って指輪とかするんだ」「ん?あ〜それな、彼女とオソロやからたまにな」って言われて時止まるよね。

 

 

「え、濵ちゃん先生彼女いるの」

「あほ、俺やって彼女くらいおるわ(笑)」

「…へぇー」

 

「あ、他のんに言うなよ〜言うたら絶っっっ対うるさいから」

「はいはい」

 

 

別にハマダのことなんか好きじゃないし、ちょっといいやつだなって思ってただけだし、って自分に言い聞かせながら「彼女と長いの?」ってきいたら「5年くらいかな」って言われて撃沈。聞いてもないのに彼女とこの間喧嘩した話聞かされるし、「ほんまあいつムカつくねんな〜」とかいいつつ頰が緩みまくってるし、あー本当聞かなきゃよかったって後悔するよね

 

 

 

 

 

 

 

彼女の話聞いてからなんとなく屋上に行きづらくて、中庭とか適当なとこでさーぼろって思ってトイレ寄って手洗って振り向いたら「まーたサボってるし」って濵ちゃん先生立っててビビり倒すよね。

 

 

 

「わあ!びっくりしたぁ!」

「最近屋上こーへんから真面目に授業受けてると思ったらサボってんのかい」

「…最近は割と出てるし」

「ふぅーん」 

 

 

 

聞いてきた割に興味あんのかないのかよく分かんない返事して歩き出すから、自分も中庭行こうと歩き出したら「どこ行くねん」「え?…中庭?」「久々やし行くやろ」って持ってた鍵チャラチャラ揺らしながらニヤニヤしてるからもーーーー着いてくじゃんね!!!!

 

 

久々の屋上はめちゃめちゃ天気良くて、っくぅーーって伸びたら、煙草ふかしながら「腹出てんぞー(笑)」って言うから慌ててパッとお腹隠したら「嘘やけど(笑)」って言うからもーー!!!!肩パンだよね!!!!

  

 

 

 

いままで2人で屋上にいてもくだらないこと話したり会話がなくても困らなかったのに、今日はなんだか妙に気まずくて、「最近彼女とどう?」なんてまた別に聞きたくもない話題振っちゃうんだよな〜〜私って本当バカ。どうせ惚気でも聞かされるんだろうと身構えてたのに、「あ〜彼女な〜」って煙草吸ったまま黙り込むから喧嘩でもしたのかと思ったら「なんであんなこと言うてもうたんかな〜」ってしゃがみ込む濵ちゃん先生。

「振られちった」ってチラッとこっち見てくるけど、めちゃめちゃ悲しそうな顔してるからなにも言えなくなるし、絶対まだ好きなんだよな〜〜〜〜〜〜

 

 

 

先生あのねって思い切って話切り出そうとしたら「お前も相手はよぉ選べよ。俺みたいな男絶対あかんからな」って釘刺されて、切なくなりたい秋なのであった

 

 

 

 

こちらからは以上です

 

ハマダはずるい男だな、そして長い割にオチがない

ジャニーズWESTと夏コン




もうすぐ夏ですね!!!!


まだ梅雨も来てないけどそんなの関係ない!!!間も無く夏がやってくるんですよ!!!


夏といえばフェスがあるように、夏といえばコンサートですよ!それも野外!!私はとにかく野外でコンサートをするジャニーズWESTがみたい!夏生まれが5人もいるのに、未だ夏コンが開催されてないなんて絶対におかしい!!



先日神山くんがラジオで野外コンサートをやりたいと言っていたことですし、これはもう決まったようなもんですね!!決まりました!!ジャニーズWESTの野外コンサートが決まったぞ〜〜!!!(気が早い)








と、いうことで。





コンサートが決まらないなら勝手に開催したらいいじゃない。






そう、妄想なら全てが叶う。







ということで始めましょう





ジャニーズWESTと野外コンサート!!!



コンサートタイトルはこちら!!!









「毎度!ホンマにありがとSUMMER!
〜Ole!オマエ!toジャニーズWEST!初の野外で祭りだワッショイ!〜」

















ダサい!!!!!

とにかくタイトルがダサい!!でもダサいのが逆にいい!!むしろダサくないと物足りない!!!!











ド快晴のなか始まるジャニストコール!



日差しにも負けないくらい熱く響く声に始まる前からクラクラしちゃうな!!




そして鳴り響く祭囃子とモニターに映し出されるOP映像!!!!射的に金魚すくい、美味しそうな屋台飯に盆踊り、綿あめを持った女の子。そんな楽しそうな様子とはうって変わって人混みを掻き分けて走る足元が映し出されて、「あかん!間に合わへん!」「もぉ〜〜無理!」「アホ!諦めんな!!」と聞き覚えのある声にキャーーーー!!!でもまだここで顔はアップにならなくて焦らされる〜〜!!!!!!!









(θヮθ)待って、ほんま無理やって!!



(´◇`)もお〜〜足もつれるってぇ…!!



(б∀б)ええから走れ!!!





台詞と共に名前がドーーーンと出てきてお客さん更にキャーーー!!!そのまま走る3人はお腹にさらし巻いて法被羽織ってねじりハチマキしてるからもうこの時点でワクワク止まらないじゃん?!?!

 

 

 



('・ェ・`)なー、遅ない?もう始まるで?





(ノノ_☆)完全遅刻やな





(^ワ^=)先始めとく?!(笑)






(`-´)あほ、みんな楽しみにしてんねんで







こちらもまた台詞と共に名前がドーーーン!!!なにやらコソコソ話す4人の元にようやく辿り着いたお兄ちゃん組





(θヮθ)ごめん!遅れた!

('・ェ・`)遅い!

(`-´)もぉ〜〜始まるで!

(б∀б)ごめんごめん!

(´◇`)じゃあ〜行くか!!!

(ノノ_☆)いよいよやー!


(^ワ^=)っしゃーーー!!!行くでーーーー!!!!







階段をのぼる7人の手にはマイク。その後ろをついていくカメラ、横一列に並んだところでメインステージの大きなモニターが真ん中から割れてステージに現れるジャニーズWESTさん!!!!みんなニコニコしつつも、どこか興奮した面持ちでお客さんを眺めてるんだよーーー!!!!!





f:id:mojmoj7:20170428111947j:image









流れてた音楽がピタッと止まって






(´◇`)いよいよやぞーーーー!!!!





イエーーーーーーイ!!!!!!






(´◇`)心の準備は出来てんのかーーーーー??!!







イエーーーーーーイ!!!!!!








(´◇`)もっと!!!!!








イエーーーーーーイ!!!!!!









(´◇`)もっと!!!!!









イエーーーーーーイ!!!!!!









(´◇`)っしゃーー!じゃあ濵ちゃん!!!!






(θヮθ)まかしとけぇ!!!さぁーさぁーさぁー!!!じゃあーみなさん、行きますよーーーー!!!!









1.マ・ル・モ・ウ・ケ



おー!ピーカンピーカン!日本晴れー!

ワッショイワッショイ!祭りやでー!

 

何やいうても人生はー!

 

笑顔でいれたらマルモウケやー!!





このド晴天でど頭からこれ聞けたらわたしはもう悔いはない!!チケ代をここで全て支払いました!!!!!!つまりもう実質タダでコンサートをみてる!!!

 

 

歌の合間にテンション上がりすぎて謎の雄叫び上げたり、来たぞ野外ーー!!!って叫んでみたり、勢い余ってすっ転んでみたり、も〜忙しい!!!そんで太陽の下で「盛り上がれんのか!!?」やりたすぎるだろーー!!!!
 


掛け声と共にみんながぶわ〜!っと走り出してあちこちに散って、スタッフからタオル受け取って


(б∀б)それではみなさん!タオルの準備をお願いします!行くでーー!!

 

 

 

2.パリピポアンセム

3.ズンドコパラダイス

4.Manbo de WEST!

5.Ole Ole Carnival!

 

 

 

 

ここからはアリトロ使ったり走り回ったり、もう目が追いつかない!!しかも法被を脱いでサラシ一枚になったりするから興奮するじゃん!!!照史くんとかすぐ脱いじゃうじゃん!!!神ちゃんの鍛え上げられた上腕二頭筋と背筋、さらには乳首まで堪能できてしまうからサイのコー

 

 

 

 

なーつ生まれが、ごーにんもいまして!

 

 

(´◇`)やっと夏に会えたな〜〜!!!!!!

 

 

ほんまに、あーりがとサマー!

 

 

ってやるでしょ!!!絶対やるでしょ!!!!なーつ生まれがごーにんもいましてのとき夏生まれの5人絶対挙手しながらほんまにあーりがとサマー!って歌うでしょ!!私には見える!!!!淳太くんと濵ちゃんはそんな5人を指でさしながらにこにこ歌うでしょ!!!!!!わかる!!!!!

 

 

 

 

 

ここで挨拶挟んで、順番にみんなお着替え

 

 

挨拶で淳太くん絶対

 

 

 

(б∀б)今日はみんなと、熱〜〜い一夜を過ごしちゃうぞ♡がお〜♡

 

 

とか言うんでしょ、わかるよ。がお〜♡とかいったくせに恥ずかしくなって笑っちゃって、またあっくんに真似されちゃうんでしょ!!わかってるからね!!!好き!!!!!!

 

 

 

 

法被姿から今度はアロハシャツにお着替えしたWESTさん。一列に並んで

 

 

(´◇`)さぁーさぁーまたまだこれからやけどもっといけるやろ!!!!

 

(`-´)もっっと声出せるやろーー!!!!

 

(ノノ_☆)もっと!!!!!!もっと!!!!!

 

 

 

(^ワ^=)しゃー!!!覚悟しろよぉーーーー!!!!!!!!!

 

 

 

  

 

 

6.覚悟しろよsummer

  

 

 

みんな腰に手を当てて、お尻のポケット隠し持ってた水鉄砲を掲げて『ちょーうせんじょーう〜』って歌い始めるし、『チャレンジャーはもちろん、YOUーーー!!!』で一斉に走り出してお客さんめがけて発射!!!!!!最初はちいさい水鉄砲だったのに、すぐにスタッフさんから大きい水鉄砲貰ってもうめちゃくちゃ撃ちまくるよね!!!!

 

 

 

 

f:id:mojmoj7:20170429123147j:image

 

 

 

 

 

撃って撃って!ってジェスチャーするお客さんに躊躇いもなく撃ちまくるのは重岡くんだし、いくで?いくで?って確認して控えめに撃つのが神ちゃんだし、白いTシャツ着たお姉さんに撃ってっておねだりされて「えっ?!ほんまに?!いくで?!」ってちょっとビビりながら撃ったら、Tシャツの下に着てた水着が透けてエロいしお姉さん谷間見せるためにわざと白いTシャツ着てきたし濵ちゃん分かりやすくにやけてるしさり気なく通りすぎると見せかけてガン見していくのんちゃんがいます。

 

流星くんはすれ違うメンバーとかJr.にピュッと水かけて歩いてるのめっちゃ可愛い。相手がびっくりした顔するとケラケラ笑ってるから愛しさしかないな

 

 

 

(θヮθ)まだまだいくで〜〜!!!!

 

 

 

 

 

 7.バンバンッ!!

 

引き続き水鉄砲コーナーなんだけど、みんなフロートに乗ってでかいホース登場  

 

 

えいと兄さんのこちら参照

 

f:id:mojmoj7:20170429151817j:image

 

 

さっきの水鉄砲とは比べものにならない水圧に、スタンドのお客さんもずぶ濡れだよね!でもこれを重岡くんに持たせた日には最後。お客さんそっちのけでメンバーに集中攻撃です。主にターゲットになるのは淳太くんですよね、分かります。

 

 

 

(^ワ^=)イェーーーイ!!!!!!淳太ァアア!!!!!!

 

(б∀б)俺にかけんなボケェ💢💢

 

 

 

ご自慢のサラサラヘアが乱れたことによりお怒りの淳太くん。かたやこんな茶番が始まるわけですが

 

 

f:id:mojmoj7:20170429152840j:image

 

 

 

別のフロートに乗ってたはずの重岡くんからすれ違い際に放水されて二人揃ってびしょ濡れだよね。怒るきりこたちゃんなんだけど、別のフロートに乗ってるからどつけなくてぎゃーぎゃー騒いでたら指差してゲラゲラ笑ってる重岡くんがみられます、ご馳走様です。そしてそんな重岡の頭を「コラ」ってぺちんと叩くのが神山くんです、ご馳走様です(2度目)

 

 

 

WESTさんにもこのくらい豪快に水使って欲しい!!!最後のばばばばばばばーーーん!!!でぶわっしゃーー水出して欲しいな!!!!

 

 

f:id:mojmoj7:20170429153341j:image

f:id:mojmoj7:20170429153349j:image 

 

 

 

8.Mr.summer WEST

9.Summer Dreamer

10.100% I Love You

 

 

興奮冷めやらぬままサマーメドレーに入ります!! コンサートタイトルにも入ってる、Ole!お前!っとジャニーズWEST!って踊りたいし、太陽の下で聞くSummerDreamerはどう考えてもサイコーだし、神ちゃん「夏はすぐーーーそこぉ!」で最高に可愛い顔してる!!!!!まだ濡れてる床をシューーッて滑りながら移動してた流星くんと照史くんなんだけど流星くんが豪快にすってんころりして、大丈夫かー!って駆け寄るしげちゃん(大笑いしてる)と後ろで手を叩いて笑ってるのんちゃんと笑いすぎて崩れ落ちてる神ちゃんとあっくんがいます(可愛い)

 

 

センステバクステと移動して、メインステージに戻ってきてMC!

 

 

 

(´◇`)いや〜〜!!ようやくですよ!!

 

(θヮθ)ほんまやな

 

(`-´)みなさんからのね、声が大きくてね

 

(ノノ_☆)しかも野外!

 

('・ェ・`)夏生まれが5人もいましてね!!

 

 (^ワ^=)サンキューな!

 

 

 (б∀б)ここでね、実は僕と濵ちゃんから5人にプレゼントがあります!かもん!

 

 

 

 

 って淳太くんが言うと、台車でケーキを運ぶ丈一郎ちゃんと何やら箱を持った真鳥くんと付き添いの古謝くん

 

モニターに映し出されたケーキには

 

『神ちゃん のんちゃん 流星 しげ 照史 お誕生日おめでとう♡』

 

の文字!(б∀б)しかもこれ、なんとサーティワンさんにお願いして作ってもらった特注アイスケーキです!!!(^ワ^=)え!アイスケーキ?!(`-´)(ケーキにおてて近づけて)ほんまや!冷気漂ってる!!! とかいってさ〜キャッキャしはじめて可愛いよね〜〜!!そんでまとくんが持ってた箱にはお揃いのパーカーが入ってて、(θヮθ)7人お揃いやけどぉ、5人だけロゴがちょっと力入ってます っていうから出してみるけど違いはよくわからない(注文したのは濵田さん)

 

(´◇`)で、なんで古謝おんの?

(古∀謝)プレゼント渡す係

 

やってへんやんけ!って言われながらも何だかんだおいしい古謝くん(と、それを羨ましそうにみている丈)

そのあとハッピーバースデー歌う流れになるんだけど、はっぴばーすでーいでぃーあ……かみちゃんのんちゃんりゅうせいしげあきと〜〜〜〜〜〜〜〜(鬼早口)ってぐだぐだになるとこまでみえました。あとは会場のお客さんの水着エロない?って中学生男子のような会話で盛り上がったりすることでしょう!

 

 

MC終わりはJr.コーナー

ハピラキとスパノバとExplosionが聞きたい(ただの願望)
ガシガシに踊ってるのみてピャーーってなりたいしハピラキでひたすら可愛い可愛いしたいです!!!!!長くなりそうなのでJr.コーナー簡素でごめんなさい!!!


Jr.の出番が終わると映像

 

なにやらクラブのようなところに迷い込んでしまったようで、イケイケな音楽と踊る兄ちゃん姉ちゃんがいるわけですよ。なんとなく雰囲気から、え?パリマニ?チョエク?ってお客さんがざわつきだすわけです。そしたら、ヒールの足元と顔は見えないけどポニーテール姿がチラッと映って、え?!!智子ちゃん?!?女装?!?!って思ったらポーズをキメる智子ちゃんがモニターにドーーン!

 

 

 

 

f:id:mojmoj7:20170430082716j:image

 

 

映像ではちゃんと女装してたからみんなめちゃくちゃ期待したのにエエやんけ衣装にヅラをかぶってくそ安そうなパニエを履いてるだけの女子組みて笑いたいよな

 

 

 

(🎀`-´)今夜は、寝かせないわよ♡

 

 

 

11.エエやんけェ!!

12.アカンLOVE〜純情愛やで〜

13.粉もん

14.ジパング・おおきに大作戦

 

 

 

女子組はヅラとパニエが追加されて、男子組は謎にアフロのヅラと胸毛が増し増しになってますね。アカンLOVEになった途端ステージ上でヅラとパニエ脱ぎ捨てる女子組が好きです

 

 


ジパングで盛り上がった後ステージに残る照史くん

 

 

(´◇`)今日はせっかくの祭りやし、いつもと違う俺ら見たくない?見たいよなぁ!?じゃあーまずはこいつら!!

 

 

 

 

 

 


ということでSPシャッフルメドレー!

 

 

 

 

 


15.無鉄砲ボーイ(濵田、藤井、神山)
16.こんな曲作りました(中間、重岡)
17.I got the FLOW(桐山、小瀧)

 

 

 

 

無鉄砲の歌割りは

中間→藤井、重岡→神山、桐山→濵田

でお願いします!!!!流星くんの『仲良くなりたいだけなのに』聞きたくないですか?!わたしは聞きたい!!!!

 

 

 

 

こんな曲の歌割りは

 

照史→大毅 崇裕→淳太

 

暴走する重岡くんと振り回される淳太くんがみたいです!最終的に淳太くんにどつかれる重岡くんがみれたら幸せかなっておもいます。

 

 

 


I got the FLOWは

 

神山→小瀧 藤井→桐山

 

無鉄砲とこんな曲でキャーキャーした後はきりこたちゃんにカッコよくキメてもらいましょう!!!もちろん衣装も完コピでお願いします!!!

 

 

 

 

 


('・ェ・`)まだまだいくでシャッフルメドレー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

18.アイスクリーム(重岡、神山)

 

19.ムラリスト(中間、桐山、濵田)


20.青春アミーゴ(藤井、小瀧)

 

 

 

 


ここにきてまさかの先輩メドレーをぶっ込んで欲しい。そして選曲は完全なるわたしの欲望詰め込みで本当に申し訳ないんですけど、1000%サイコーな自信がありますのでジャニーズWESTさん是非ご検討ください。

 

 

 


かみしげちゃんのアイスクリームはもちろん錦戸→重岡、安田→神山です。アイスクリームは双子感とダンスがとっても可愛いし二人にアイスクリーム型マイクを持たせたいんじゃ!!そしてマイクをお互いの口に向けて歌わせ合いっこするんだよ!!サイコーじゃんね!!

ムラリストの兄組は言わずもがなはしゃぐでしょう(主に淳太くん)

 

きりはますらも引かせるテンションで歌って欲しい(好き)

 

 


そんでツインの青春アミーゴエモさで会場が割れます、ご注意ください。パートは山下→藤井、亀梨→小瀧でしょう!!!

 

 

 

 

 

 

割れんばかりの歓声に包まれる会場が今度は急に暗転。警報のようなBGMに、スモークとレーザーが入り乱れるから何が始まるのかとドキドキしてると聞き覚えのあるあのイントロ!!

 

 

 

 

 

 

 

21.Can't stop

22.Toxic Love

23.CHO-EXTACY

24.迷宮SUMMER

 

 

 

 

 

そう、怒涛のダンスメドレーです

 

ギラギラのちょっとセクシーな新衣装を纏ってひたすら踊って欲しい…!ひと夏のアバンチュールを思わせるような流れにただでさえ心臓止まりそうなのに、『夏は終わらせない 誰も邪魔させない』とか言われちゃったらもう!!!ッカァーー!!!たまらん!!!

 

 

 

 

 

 

(´◇`)ラストスパートいくぞーー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

25.青春ウォーーー!!
26.浪速一等賞
27.ギラギラブベイベー

 

 

 


かっこいいダンスメドレーのあとはとびっきり楽しい曲!フロート乗ってにこにこ手を振ってみたり、アリトロでお客さんの顔覗き込んでみたり幸せそうに笑うみんなをみて笑いたいよな〜〜〜!!
そしてギラギラブベイベーの濵ちゃんのアレ、ツアーではwithBしてみたりちょっとおふざけしてたけど今回はどちゃくそにかっこいい「お前だけやで」をくれます!!!会場のお客さん全員抱かれるし崇裕のオンナになります!!!!やった〜!!!!かっこよくキメる濵ちゃんの横で「お前だけやで」のマネをするこたしげちゃんがいます。そしてそれを見たオタク悲鳴あげるし当の本人たちゲラゲラ笑ってるし平和。淳太くんにお前だけやでをやらせるくせに、淳太くんがやるとスルーこたしげちゃんもいます。もちろんおこじゅん(怒った淳太くん)ですよね、可愛い

 

 

 

 


そしてここで再び映像

 

 

 

 

 

 

海に向かって薄暗い夜道を歩く7人の手には大量の花火。「海やー!!」って着いて早々走り出すのは重岡くん。「海落ちんなよ!」「落ちへんわ!」

手持ち花火3本くらいまとめて持ってイェーイ!ってしてるしげちゃんと、へび花火の地味な動きを真顔で眺めるりゅかみちゃん、濵ちゃんの手持ち花火から火を分けてもらってご満悦なのんちゃん、打ち上げ花火に火を付けて「怖い!怖い!」って走る淳太くんに、それみてゲラゲラ笑ってる照史くん。最後はみんなで線香花火するんだけど、その火が落ちるとメインステージにスポットライトが当たって浴衣姿のWESTさんが登場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(б∀б)それでは最後の曲聴いてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28.KIZUNA

 

 

 

 

浴衣姿で会場を見渡すWESTさんがこの曲歌ってくれたら泣いちゃう。みんなここはハンカチ必須だよ

 

 

 

 

『この声届くまで 諦めない君は一人じゃない

流した涙の数 笑顔が待っている

心から誇ろう』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ヒュ〜〜〜〜〜〜ドーーーン!!

 

 

 

 


このタイミングで一瞬音楽が止まって打ち上がる花火

 

 

 

 

『奇跡起こしてこの一瞬に 僕らはいつでも信じてた

だからつらくても もう一度立ち上がれ

 

もう二度と来ないこの夏』

 

 

 

 

 

 

 

 


花火を見上げながら本編は終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏を目前に出会った彼らとはひと夏の恋なんて感情では終わらせたくなくて、でも彼らとの時間は今しかないみたいなそんな感じのセトリです!!!(難しい)

 

 

 

 『夏はすぐそこ』

 

『夏は終わらせない』

 

『もう二度と来ないあの夏』

 

 

 

の3ワードが好きすぎて考えたセトリでもあったりします(無駄情報)

 

 

 


もちろん本編後はジャニストコールが鳴り止まなくて、なかなか出てこないジャニーズWESTさんに焦らされてウズウズしてたらイントロで死!!!!

 

 

 

 

 

 

 


EN1.人生は素晴らしい

 

 

 


グッズTシャツに着替えて水鉄砲持ったWESTさんが再び登場じゃーー!!

 

 

 

 

 

(^ワ^=)やっと乾いた?知るかぁ!!!

 

 

 

 

 

 

もちろん遠慮なしに水かけてくからね!!!でもホースみたいなやつはガマンしようね!!ここで突然神ちゃんのほっぺに水をかける流星くんがみれます。神ちゃんびっくりした顔するんだけどすぐ笑顔になってやり返すからね!!!りゅかみは宇宙。

 

 

 

 

EN2.ラッキィスペシャ

 

 

 

 


ラストに幸せはいつもスペシャルしたいよね!!?

とびっきりたのしい曲でパーーリターーイムしたいよね?!!?

 

 


わたしはしたい!!!!!

 

 

 

 

濵ちゃんにタックルしに行く小瀧くんみたいし、肩組んで歩くばどに悲鳴あげたいし重岡くん冷やかしにくるし、なぜか真似して肩を組むりゅかみちゃんをみて死にたい

 

 

 

 

 

 

ダブルアンコールももちろんあります!!

 

 

 

 

 

 

 

 


(´◇`)帰りたくない?アホォ!まだ帰さんわ!!

 

 

 

 

 

 


EN3.P&P

 

 

 

 

たのしーーーーー!!!!!!(遺言)

 

 

 

 

 


「また絶対夏に会えるように、僕らも頑張ります」

 

「また、すぐに会いましょう」

 

 

 

 

最後の挨拶でそんなこと言ってくれるWESTのことみんな好きだよね?そしてきっとそれをすぐに実現してくれるんだよ!男前!!!

 

 

 

 

 

n番煎じといった感じの夏コンブログだったんですけど、自分的には結構セトリもこだわったし無駄に音の繋ぎとかを考えてセトリ組んだのが楽しかった!!自分で作ったセトリでプレイリスト作って聞くのなかなか楽しいのでみなさんも是非やってみてください!!

 

 

 

そしてセトリを考えてみて分かったことは、やっぱりジャニーズWESTに夏はピッタリだし、野外で歌って踊ってるのが鮮明に眼に浮かぶんだよね!妄想ですらこんなに楽しいんだから、実現したらどんだけ楽しいんだろうな〜〜楽しみだな〜〜!!いまからワクワク!

 


近い将来、夏の野外コンサートをするジャニーズWESTさんと会えますように!

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ません

 

 

 

 

 

 


ジャニスト…

 


…ジャニスト…ジャニスト……

 

 

 

 

 

そう、鳴り止まないジャニストコール


規制退場なんてくそくらえなんですよ

 


もうそろそろ本当にダメかな、なんて思ってたら

 

 

 

 

(`-´)いえーーーーーーーーーい!!

 

 


サンシャイン神山さん、再び登場です

 


('・ェ・`)いやみんな凄いわ!声が!

(ノノ_☆)声が止まらんのじゃ


(θヮθ)もうね、勝手に出てきました

(´◇`)これ多分後で怒られるやつです


(^ワ^=)そんなん知るかぁ!!!!!


(б∀б)もう責任は僕らが全部とります!!スタッフさんごめんなさい!!!

 

 

(^ワ^=)行くぞオラァ!!!!!!せーーーーーーーーのぉ!!!!!!

 

 

 

 

\ええじゃないか〜〜!!!/

 

 

 

EN.4 ええじゃないか

 


怒られるかもしれないなんていいながらも、みんな今日イチ楽しそうで幸せそうな顔してて、「浮気すんなよ!」とか言われちゃっても全然浮気なんてする気ならないもんね!!

 

 


最後ハケるときに重岡くんが「また会おな」って照れた感じでいうのがめちゃくちゃ可愛くてギャーーーー!!!!!!ってなってたら「うるせえ!」って逃げてくんだけど、ハケたと思った神ちゃんがぴょこっとステージから顔だして「いまの照れ隠しやで」ってニヤニヤしてるし、顔は出てこないけど神ちゃんのこと引っ張る腕が見えたからおそらく重岡くんでしょう

 

 


というわけで、長々考えてきた妄想野外コンサートもこれにて終了です

 

 

お友達が考えてた夏コンブログに触発されてわたしも考えてみたけど、全然ストーリー性もないただただ私が楽しいだけのセトリになってしまったんですけど、自分が楽しけりゃいいよね!(投げやり)

 

 

 

本当は締めの濵ちゃん大先生の一本締めと同時に花火あげたかったんだけど、それは来年やろうね

 

 


野外コンサートが早く実現しますように!

 

本当におわり!

 

 

 

サーティワン食べに行こうぜ!

同期錦戸くんと後輩小瀧くん

 

どうも、ホリエです。

 

昨日はなうぇすと大阪公演で、自担がメンバーの背中を噛む及び耳を舐めるといった性の癖をさらけ出してニコニコしていたらしくて精神が崩壊しかけているのでブログを更新することにしました。

 

残念ながら激裏☆小説ではなく、以前から自分でツイッターに何度か書いて気に入っていた同期錦戸くんと後輩小瀧くんシリーズをかいてみようとおもいます。

 

 

設定的なもの

 

錦戸くん

会社の同期。自分は短大卒で錦戸くんは4大卒なので年齢的には2つ上。働いてる部署が違うので普段会社の中ではなかなか会わない。入社式の時あまりに威圧的な態度で絶対仲良くなれないと思ってたのに、共通の友人がいることが発覚して仲良くなった。後に入社式の威圧的なオーラは人見知りによるものだったことがわかる

 

小瀧くん

新卒の新入社員。明るくて人懐っこい性格なので周りから可愛がられる。小瀧くんの指導係に任命されるが、なぜか自分のことを気に入ってるらしい小瀧くんが事あるごとに先輩!先輩!ってついてくるからちょっと戸惑ってる。頭の回転が早く要領もいいので割とすぐ仕事は覚えられる。

 

重岡くん

同じ部署の後輩。錦戸くんの大学の後輩らしく、なにかと「錦戸くんから聞いたんすけどぉ〜」って話しかけてくる。うざったいけど憎めない後輩

 

 

 

錦戸くん以外の設定が緩いっていうことに突っ込んだら負けだと思います。

 

 

 

 

 

残業が長引いて、そろそろ帰ろうかな〜と携帯チェックしたら同期の錦戸くんから"まだ残業してんの?いつものとこで飲んでるから飲もうや"って連絡が来てて、まださほど時間が経ってなかったから"いま終わったから向かう"とだけ送ってお店に向かうと、いつものカウンターで飲む錦戸くんを発見。向こうも気づいたらしくて、腕まくりした手で手招きされる。

 

 

 

「おー、お疲れ。ずいぶん遅いやん」

「最近色々あってね、しばらくはバタバタしそう」

「ふぅーん。あ、ビール?」

「うん、ありがと。」 

 

 

ギンギンに冷えたジョッキを持ってかんぱーい!ッカァーーー生き返るーーーって豪快にジョッキ置いたら「親父やん(笑)」って笑われるけど、うるさいよって肘で小突いたら錦戸くん嬉しそうに笑うんだよな!!

 

 

 

 

「そういえばお前、モテ期らしいやん」

 

 

 

錦戸くんからの唐突な話題に飲んでたビール吹き出しそうになるよね。

 

 

 

 

「なにそれ、 なんの話?」

「新人くんからえらい好かれてるみたいやん」

「あぁー…小瀧くんね。まあ懐かれてるっちゃ懐かれてるかな。っていうかなんでそんな話知ってんの?」

「しげおか情報(笑)」

「だと思った!ほんと重岡くんおしゃべり!」

 

 

 

 

後輩の重岡くんが錦戸くんと仲良しなのは知ってたけど、まさかそんなことまで話してると思ってなくてびっくりしちゃうよね。いらないことまで話すんだからってぷんぷんしてたら

 

 

 

「で?どうなん」

「どうってなにが?」

「そのコタキくん」

「いやまあ、可愛いなとは思うけど」

「写メとかないん?」

 

 

 

あるわけないでしょって言うと、なんやつまんなーって笑いながら枝豆に手を伸ばす錦戸くん。まあ小瀧くん可愛いけど、あんなあからさまにグイグイ来られるとどうにもねぇ…なんて思ってたからどうにか話を逸らしたいのに、なかなかそうさせてくれないんだよね。

 

 

 

「気になったりしてへんの?そのコタキくん」

「してません、年下に興味ないし」

「いくつ?コタキ」

「にじゅうに」

「わか!」

「新卒だもん」

「俺もそんな可愛い時あったなぁー」 

「可愛い?誰が?(笑)」

 

 

 

お前ほんまええ加減にせえよなんていいながらゲンコツで頭ぐりぐりしてくる錦戸くんに「ごめんごめん嘘です痛いやめて!」って言いたい!!

 

酔いも回ってきて、なぜかすっかり小瀧くんの事気に入ったらしい錦戸くんが何かにつけて小瀧くんの話を聞き出そうとするから、もう話すことはありません!終わり!ってメニュー手にしたら、「あれ?先輩?」って聞き覚えのある声が聞こえて振り返ったら、ついさっきまで話題になってた小瀧くんがいてびっくり。

 

 

 

 

「後輩?」

「え?あ、うん」

 

 

 

いつもならうるさいくらいに話しかけてくるのに、今日は隣にいる錦戸くんのことチラッと見て「どうも」とだけ返していかにも面白くないといった顔してるんだよね。ずるい!俺も先輩と飲みたい!くらいのことは言われると思って覚悟してたのに、「友達、待たせてるんで」ってそそくさ立ち去るからこっちも「あ、うん」としか返せないよね。

 

 

 

 

「いまの、コタキやろ」って錦戸くんニヤニヤしながらビール飲んでて、「うん」「わっっかりやす!!」ってゲラゲラ笑うんだよな!!!「なんや可愛いやん、コタキ(笑)」「いやいやいや」「俺ああいうやつ好きやわ〜(笑)」って錦戸くんはなぜか満足気に笑ってて、腑に落ちない私はとりあえず飲むよな。

 

 

 

 

 

次の日出勤すると、重岡くんが給湯室でコーヒー淹れてて「おざーす」って軽い感じで挨拶してくるから、「小瀧くんの事喋ったでしょ」「え?!錦戸くん言わへんって言うたのに!!」「もう重岡くんにお土産買ってこないからね!!」「ちょ、待ってや!それはひどい!!」って言い合いしたいよね。重岡くん絶対ナチュラルにタメ口で話してくるタイプの後輩だと思う(憎めない後輩あるある)

 

 

デスクに戻ると小瀧くんも出勤してて、「先輩おはよーございます♡」っていつもみたいに語尾にハートマークつけた感じで挨拶してくるから、昨日のアレは一体なんだったんだよ…って思いつつ「おはよ」って返すよね。

 

 

 

それかはまたしばらく仕事が立て込んでて、久しぶりに錦戸くんから連絡が来たからいつもの場所で飲むことに。いつものカウンターで待ち合わせして、錦戸くんの姿見つけたからお疲れって声かけたら「よお」っていう錦戸くんの隣からぴょこっと顔だして「こんばんは」っていうのは紛れもなく小瀧くん。「え?小瀧くん?なんでいるの?!」「いやぁー、亮くんとすっかり仲良くなっちゃって」「亮くん?!?!」ってなるよね。どうやら話を聞くと、あの日自分とわかれたあと錦戸くんは一人ハシゴしてたらしく、二軒目で偶然また小瀧くんとそのお友達と会って話してるうちに意気投合したらしい。だから小瀧くん次の日すっかり機嫌直ってたのか…。

 

 

 

「ちょっと錦戸くん聞いてないんだけど」「え?だって言うてへんし」って悪びれる様子もない錦戸くんに呆れるしかないし、「さっ先輩も早く飲みましょ!ビールですよね?」って小瀧くんはなんか張り切ってるし、とりあえず今日も飲むしかない!!!

 

 

 

 

みたいなOL生活を堪能したいんですけどどうでしょう。自由奔放な同期錦戸くんに振り回されつつ、小瀧くんと少しずつ距離が近づいていくみたいなラブストーリーが読みたいです。ここから先全然考えてないので、みなさんのご想像にお任せします。

 

 

以上です

ドトール店員カミヤマくん




どうも、ホリエです。

 



何度かツイッターで呟いてたドトール店員カミヤマくんシリーズが個人的にお気に入りなのでブログにも書いてみることにしました。ツイートまとめただけなので見たことある人いたらごめんやで!










いつも仕事前に会社近くのドトールに寄るのがお決まりなんだけど、そこにいる店員さんでちょっとだけ気になる人がいるんだよね。どんなに忙しくても丁寧に対応してくれて、ニコニコ優しく声かけてくれる男の子。今日も元気だなーなんて思いながらさりげなく名札チェックすると"KAMIYAMA"の文字が見えて、ふーんカミヤマさんっていうのかーなんて思いながらアイスカフェラテ受け取るんだよね。





その日はいつもより少し出勤時間が早くて、携帯片手に急ぎ足で会社に向かってたらコンビニから出てきた人とぶつかりそうになっちゃってすみませんって顔上げたらカミヤマさんで、思わず「あ」って顔したら向こうも「あ」って顔して「いつもお店来てくださってますよね?これからお仕事ですか?」ってにこにこ話しかけてくるーー!!!「あ、ごめんなさい急いでます?またお店で待ってますね」ってペコッて頭下げて去っていくんだけどなんかもう、可愛い……カミヤマくん可愛いよ………。その後お店に行くと、私の顔を見るなりニカァッて笑っていつもより少し砕けた感じで「いらっしゃいませ」って出迎えてくれる……わかる…………






いつもみたいにレジに並んでると偶然友達に会って「あれ?ホリエこれから?」「うん、これからー。もう帰るの?」なんて会話してから注文するんだけど、レジにいたのカミヤマさんで「アイスカフェラテのMですねー。……ホリエさんって言うんですね」「え?」「あ、ごめんなさい聞こえちゃって。今日もお仕事頑張ってくださいね」ってカフェラテ出してくれるんだけど、名前呼ばれただけなのになんかちょっとドキドキしちゃうしいつもよりアイスカフェラテなかなか減らないし、なんだこれ!!!この気持ちはなんだ!!!!







その日以来お店が暇な時はカミヤマくんがちょこちょこ話しかけてくれるようになって、なんかちょっと仲良くなったような気がして嬉しくて安易に気になってしまうんだけど、彼女と仲良さげに歩いてるところを見てしまって勝手に失恋するよね。なんだよ、彼女いるのかよ……




お手手繋いで幸せそうに笑う二人を見て以来なんとなくお店に行きづらくて、ちょっと離れたタリーズに行くようになるんだよね。お店に入ろうと思ったら「あれ?ホリエさん?」って声が聞こえて振り返ったらカミヤマくんがいて「なんや、最近来てくれへんなぁ思ったらこっちに来てたんや…」ってちょっと寂しそうに笑う……なんでそんな顔するの……彼女いるじゃん……。「最近こっちのメニューも気になってて」って誤魔化したら、「そうなんや。うちの店舗も新しいメニュー増えたんで、また飲みに来てくださいね」っていつもみたいに笑うからなんかもう……もぉーーー!!!!(泣)(泣)じゃあまた、って手振られたら行かないわけにいかないじゃん!!!カミヤマさんのばか!!!




入ろうかやめようか迷って、ようやく決心してお店に入るといつもみたいにカミヤマくんがレジにいて、目が合うと一瞬びっくりした顔するんだけどすぐに眉毛下げて笑って「いらっしゃいませ」って言う……。



「アイスカフェラテ、Mで」
「アイスカフェラテのMですね〜…もう、来てくれへんかと思った」
「え?」
「へへ、なんでもないです。お待たせしました」


























「また、待ってますね」








って、カミヤマくんが笑うからもうなんていうかどう考えたってやっぱり好きだよね。もっとカミヤマくんのこと知りたいなぁって思う気持ちと、あの日見た彼女のことを考えて悶々しながらアイスカフェラテを飲みたいと思います。





以上です



バレンタインとWESTくん(後編)




前回のブログが随分と沢山の方に読んでいただけたようで嬉しい限りです!!さてさて、続きにゆきますよ!!!










中間淳太編〜


淳太くんは同じ部署の上司なんだけど、社内最速で部長になった人なんだよね。頭がキレるしめちゃくちゃ仕事できるしカッコよくてスタイルもいい。さらに身のこなしがスマートでウワサによると実家はかなりのお金持ち、となったらまあそりゃモテないわけがない。だけど私生活は結構ナゾ。モテるわりに彼女いるって聞いたことないし、普段どんな過ごし方してんのか全然想像もつかない。でもきっと超可愛い彼女いるんだろうな……とかまあ思ってるんだよね。







ある日私は仕事で大きなミスをしてしまって、会社に迷惑かけるわ上の人にそりゃもうこっぴどく怒られるわでへこむへこむ。周りのみんなは大丈夫だよ〜って声掛けてくれるけど、みんな自分の事じゃないからそんな事言えるんだよ……なんて超卑屈になってさらに落ち込む。





迷惑かけた分少しでも取り返さなくちゃ…と思って、みんなが帰った頃にこっそりデスクに戻って仕事するんだよね。気がついたら外は真っ暗で、あーそろそろ帰らなきゃなーなんて思ってたら急にパチッとオフィスに電気ついて





「おわ!びっくりした!」
「わあ!……あれ?中間さん?」
「お前なにしてんねんこんな時間に」
「いやぁーあのぉ…」
「…まだ気にしてんのか」







『はい』とは言えず言葉を濁してたら「この後暇?仕事してるくらいなら暇やんな。ちょっと一杯付き合え」ってスタスタ歩いてくから急いでカバンとコートとマフラー持って追いかけるよね。まさか自分が中間さんと飲みに行くなんて思ってもなかったからドキドキだし、ていうか中間さんってどういうところで飲むんだろ?やっぱお高いバーとか?わたしめちゃくちゃ普通の格好してるけど入れるかな?なんて心配をよそについたお店は赤提灯がぶら下がった焼き鳥屋さん。





「え?中間さんこういうお店入るんですか?」
「なんや俺がこういう店入ったらあかんのか」
「いや、そういう訳ではなくて。なんか意外だなーと思って…」






「知り合いのおっちゃんがやってんねん」って慣れた様子で店内に入ると、親父さんと親しげに話す姿は普段会社で見る中間さんとは全然違って、穏やかに笑う姿に思わずキュン。どうやら中間さんはお酒が強いらしくて結構飲んでるはずなのに全然変わらなくて、お酒が回ってきた私はついつい仕事の愚痴こぼしちゃうんだよね。怒られるかな〜って思ってたのに中間さんはジッと話聞いてくれて「お前一人で溜め込みすぎやねん。なんかあったら、取り敢えず俺に相談しろ」とかいわれちゃって「ぶぢょおおおおお(泣)(泣)」って泣いちゃうよね。「ちょ、おま、泣くなよ〜(笑)」っておしぼり渡してくれるし親父さんにおい淳ちゃんなーに女の子泣かしてんだよなんて野次飛ばされちゃってちゃうねんちゃうねんって焦る中間さんみて思わず笑っちゃう〜〜〜〜〜!!!!!!!「お前はほんま、人の気持ちも知らんと泣いたり笑ったり忙しいな」って笑いながら優しく頭をチョンッと小突いてくる〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!その後は会社の話は抜きで、普段の中間さんは案外口が悪いとか、実はあんまり運動が得意じゃないとか小洒落た店も好きだけどこういう大衆居酒屋が好きとか、普段は聞けない話をたくさんしてくれて、もちろんお会計は中間さん持ちだしタクシー代だしてくれるしなんだよジェントルマンかよ!!!!









そんなこんなで恋愛感情で見たことなかったはずの中間さんのことが急激に気になっちゃって、バレンタインは義務で社員の人にチョコ配る事になってるんだけど中間さんにだけみんなと違うちょっとお高めのブランデーが入ったチョコを買っちゃうんだよね。でもやっぱそれってバレバレだし、みんな配ってるのと同じチョコも一応用意してるんだよね。お昼は大抵の人が外に食べに行くから、その隙を見計らって中間さんのデスクにGO






綺麗にラッピングされたチョコを渡したいのに勇気が出なくてみんなにあげたのと同じチョコを出しちゃうんだよね。





「あの、中間さん。これ」
「ん?ああ、ありがとう。」
「いえいえ、ほんと大したチョコじゃないんですけど」
「……なんや」
































「俺には本命くれると思ったのに。」























「期待しすぎか(笑)」

































なにそれ(泣)








全然あげるんですけど(泣)(泣)ちゃんと用意してるんですけど(泣)(泣)(泣)






「あの……ほんとはこれ」ってもう一つのチョコだすと嬉しそうに笑って「めっちゃ待ってた、ありがとう」ってゆっくり立ち上がってひとがいない事をいいことにちゅーーーしてくるーーーーーーオフィシャルらぶーーーーー!!!!!わたしがどぎまぎしてると「おい重岡、お前黙っとかんと給料さげるからな」って中間さんがいうとダダダダダッて走り去る音が聞こえるわけだ。いやお前みてたんかーーーーーーーい!!!!!!!重岡くんの運命やいかに






次ィ!!!!!!!













〜濱田崇裕編〜
 


  



濱ちゃん先輩は幼なじみの智洋と同じバスケ部の先輩で、飴をもらって以来





 







↑こちら参照


わたしの事見かけると声かけてくれるようになってそれがめちゃくちゃ嬉しくて、なんとなく自分は濱ちゃん先輩のこと好きなんだろうなって思ってたんだよね。でもある日濱ちゃん先輩が告白されてるところを偶然目にしてしまって、ショックだったしめちゃくちゃ嫉妬心を抱いてしまったことで自分の恋心を確信するんだよね。でも、それと同時にそんな感情を持ってしまった自分に戸惑ってしまってなんとなく濱ちゃん先輩のこと避けてしまうんだよ〜〜〜〜〜〜馬鹿〜〜〜〜〜〜!!!!!






最近濱ちゃん先輩のこと見てないなぁ〜…って、私が避けてるんだから当たり前か。なーんて思いながら受ける授業は当然うわの空だし全然受ける気ないんだよね。外ではどこかのクラスがサッカーの授業中らしくて、賑やかな声が聞こえてくるわけよ。楽しそうだな〜って聞き流してたら「行けーー!!!はまちゃーーーーん!!!!!」っていう歓声が聞こえてきて思わずグラウンドに目をやると、腕まくりした濱ちゃんがゴールに向かって走ってて、パスを受けて思い切り蹴ったボールが綺麗に弧を描いてネットに収まって思わず「おおっ」って声出ちゃうよな!!!!だってめちゃくちゃかっこいいんだもんよ!!!!!






両手あげてガッツポーズする濱ちゃん先輩と目が合ったような気がして、小さく手を振ると両手ぶんぶん振りながら「見た?!濱ちゃんやったで〜!!」って笑うから、なぜだかこっちが恥ずかしくなっちゃって思わず目そらしちゃう〜〜〜〜〜!!!!!!!!!甘酸っぺ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!外からは「なになに?誰に手ぇふったん?」って濱ちゃん先輩を囃し立てる声と「濱田〜〜〜!!お前他のクラスに手ぇ振んなぁ!!!」って先生の怒る声が聞こえてきて思わずにやけちゃうよねええええええええわかるうううううう
    





気がついたらもうバレンタインシーズンで、周りはあーでもないこうでもないってウキウキしてるのに、自分はというとあの日以来濱ちゃん先輩の笑顔が脳裏に焼きついてて頭から離れなくて、やっぱり前みたいに話せないんだよね。それでもチョコは渡したくて、こっそり準備しとくんだよね。健気か!!!ところがどっこい爆モテ濱ちゃん先輩全然一人になる気配がない。いつまでたっても周りに誰かがいて、とてもじゃないけど意気地なしの私には渡せそうにないのよ……。もうやってらんねーと思って授業サボって中庭の隅っこで渡し損ねたチョコを片手に「あーーーー寒い、心も体もさむい!!!」ってぶつぶつつぶやいてたら「なーーにこの寒い時期にこんな寒いとこでサボってんねん」って頭ぽふって叩いてくるのは濱ちゃん先輩ーーー!!!!!!びっくりして持ってたチョコ落としちゃって、「あーあーこれ大事なやつやろ」って拾って「ん」って渡してくるんだけど、声震わせながら「濱ちゃん先輩に、あげ…ます」っていったら






「…誰かにあげるやつちゃうの?」
「いや、その」
「ちゃんと本命くんに渡したり。俺なんかに渡してる場合ちゃうで」
「…濱ちゃん先輩が本命っていったら、貰ってくれますか?」





























「なんや、もうくれへんのかと思った(笑)」 



















「待ってた、貰えんの」
















って優しく笑うからーーーーーーーーーーーあの時みたいな笑顔で喜んでくれるからーーーーーーもう!!!!!!!泣く!!!!!!!泣くよわたし!!!!!!!濱ちゃん先輩眉毛下げて「なんで泣くねーーん」って笑いながら頭ぽんぽんしてくれるううううう好き(泣)(泣)(泣)(泣)






はい!!!次ィ!!!!!!!







小瀧望編〜






小瀧くんは新卒で入ってきた新入社員なんだけど、愛嬌が良くて頭の回転が速くて気が遣える上にイケメンで甘え上手だから女はもちろん上司たちからも人気でよく美味しいもの食べに連れてってもらってるらしい。そんな小瀧くんは私に妙に懐いてて、なにかと先輩!先輩!って後ろについてくる。わたしが給湯室でコーヒー入れてると「あれ〜!先輩じゃないっすかぁ!(大声)」ってひょこっと小瀧くんが顔出してきて、「あ、コーヒー?持つ持つ持つ!ちょ〜〜ど先輩が入れてくれたコーヒー飲みたいな〜って思ってたんすよぉ」ってデスクまでコーヒー持ってきてくれるんだよね。「ん〜♡豆の香りがちゃうな♡」「インスタントだけどね」「気持ちの問題じゃないっすか、こういうのは♡」とかなんとかいってくるのはムカつくけど結構可愛い。







バレンタインが近くなってきて、あ〜今年もチョコ買わなきゃな〜つーかなんで会社のオヤジに配んなきゃなんないんだよ〜なーんて思いながらデパートのお菓子コーナーうろうろしてたら、「あれ?先輩?」と聞き覚えのある声。振り返ると小瀧くんがそりゃもうお美しい女性と一緒にいて、思わず「……彼女?」って聞いてしまってもう大変。え、わたしはなにを気にしてる?別に小瀧くんに彼女いるとか普通じゃない?てかなんでいないと思ってた?バカ?もしかしたら私のこと好きなのかなとか思ってたの恥ずかしすぎない?勘違い乙すぎない?って一瞬でいろんなことが頭を駆け巡ってたら「ちゃうちゃうちゃうちゃう!お姉ちゃんやから!血繋がってるから!」って小瀧くんが必死に否定してきて、チラッとお姉さんみると「望の姉です(笑)お話はよくお伺いしてます」って言われて、いったい何の話をしてるんだお前はってなるけどあまりに顔真っ赤にして否定するからそりゃまあほのかに期待するよね。








次の日出勤すると小瀧くんがそそくさやってきて、「先輩おはようございます。……昨日の、ほんまにお姉ちゃんですから」ってなんかちょっと恥ずかしそうに目逸らしながら言うから「はいはい、わかりました」っていうと「俺、先輩からのチョコ待ってますから。先輩以外から貰うつもりないんで!」とかどこまで本気かわからないこと言い出して「はいはい。ほら、そろそろ準備して」本気やから!先輩!なあ!!俺本気やから!!手作りが食べたい!先輩!!聞いてる!!!?って後ろからきゃんきゃん聞こえてくる声がなんかだんだん愛しくなってきちゃったりしてね!!!!!







毎年会社で配るチョコはデパートでそこそこの値段のをまとめ買いするんだけど、小瀧くんが手作り食べたいっていうから久しぶりに手作りしちゃうよね。こんなことするとキャラじゃないんだけどなぁ〜って思いつつなんかちょっとウキウキしちゃうよね〜〜〜〜!!!!!!そんな気持ちのまま出勤したものの、小瀧くんめちゃくちゃ呼び出される。なんなら仕事中なのに呼び出される。隣の部署のお局までもが小瀧くん、ちょっとって顔赤らめてる。なんだこれ、小瀧望の人気やばすぎないか?先輩以外から貰うつもりないんで!じゃねーよ!!!めちゃくちゃ貰ってんだろ!!!!ってちょっとイライラしながら仕事してるわけよ。小瀧くんのデスクは私の斜め前なんだけど、ソワソワこっち見てるのには気づいてるんだけどまあシカトしてるんだよね。コーヒーでも飲むか、と思って給湯室に向かうと同期の重岡くんとバッタリ遭遇。





「わ、重岡くん」
「おー、コーヒー?」
「うん。あ、ありがとう」



「お前さぁ、小瀧にチョコ渡した?」
「渡してないけど」
「はぁ?なんで?」
「だって、小瀧くんみんなから貰ってるみたいだし」
「お前アホか?(笑)あいつ全部断ってるやん」




「…………………は?」 




「だーかーら、あいつ全部断ってんの。本命からしか貰わへんって」




あいつほんま刺されんちゃう?隣のあの化粧濃いおばちゃんのまで断ったらしいで!ってけらけら重岡くん笑ってるけどこっちは全然それどころじゃない。あんだけ呼び出されといて貰ってない?ひとつも?いやいやいやいやってコーヒー片手に頭抱えてたら「ま、頑張れよ。あいつ、お前からのチョコほんまに楽しみにしてるみたいやで」ってにやにや肩叩いてくる重岡くんにグーパン返すよね。



デスクに戻ったら叱られたラブラドールのようにしょぼんとした小瀧くんがパソコンカタカタしてて、こっそり社内メールで仕事終わったら下で待ってるねって送るとバッッッッとこっち向いて頷くから全然メールにした意味がない(可愛い)


早々に仕事も終えて下で待ってると「ごめんなさい!お待たせしました」って息切らして駆け寄ってくるからほんとわんちゃんみたいで可愛い。先輩寒くないっすか?って自分が着けてたマフラー巻いてくれるからちょっと…ほんとちょっとだけときめく……。そうだ、これってチョコ渡すとパァッと顔が明るくなって
 
   






「ほんまに、ほんまにいいんすか?」
「うん(笑)美味しくないかもしれないけど」
「え゛!!!!!!!!」


















「もしかして……手作り?」

 


「うん、味の保証は出来ないけど(笑)」





はぁーーーめっっっちゃ嬉しいって口元手で隠してるけど顔緩みきってるし、「え、今食べたい。いやでも勿体無い……でも……」ってなんかぶつぶつ呟いてるから笑っちゃうよね。たった今までコロコロ表情変わってたのに、急に真剣な表情になって


  


「さっき、しげと何話してたん?」
「え?」
「給湯室で」


  




まさかあれを見られてると思わなくてびっくりするんだけど、「小瀧くんの話だよ」っていうと「へっ?!?!なんや……心配して損した……」ってめっちゃ眉毛下げて笑うからもうなんていうか母性が……母性が…………






「先輩、なんで手作りしてくれたんすか?」
「それは、まあ…」
「俺が手作り食べたいって言うたから?」
「そう、なるかな」
「はぁ〜〜〜〜もぉ〜〜〜〜〜〜〜」





















「じゃあこのチョコ期待していい?」




















「先輩からの本命って、思っていい?」








 



っておてて握ってくるからぁーーーーー!!!!!!もう年下のくせにさぁ!!!!ずるいよね!!!!!!!「いいよ」っていうと「ほんま?ほんまに?やったーーーーー!!!」っておててぶんぶんさせてくるぅ〜〜〜〜〜!!!!!!!!そのままぐっと抱き寄せて「俺、ほんまに先輩からしから貰ってないから、明日会社来られへんかも」って弱々しく笑う小瀧くんは可愛いの極み……わたしが全力で守るよ……何もかも失くしてでも……





はいつぎ!!!!!












桐山照史編〜






バレンタインといえば毎年クラスの女子と友チョコ交換するのが楽しみで、前日からうきうきしながらチョコ作るんだよね。当日張り切ってみんなにチョコ配ってると照史くんと一緒にいた男子が「え?!お前もチョコとか作んの?!」とかいうから



「失礼な、私だってチョコくらい作りますー」
「似合わねー!ちゃんと食えるやつ?」
「いやいや失礼だからね!食べれるから!」
「変なもん混ぜてんじゃねーの?(笑)怖くて食えねー!な?桐山」
「ん?お、おー」
「そもそもあんたにあげないし!ばーか!」






もちろん冗談で言ってるのは分かるんだけど、むかつくからこっちもまあぷんすかしてるわけよね。でもあげたお友達からは美味しい!って喜んでもらえて満足満足。






放課後ちょっと用事があって職員室寄ったら思いの外時間かかって、もう誰もいないだろうなーと思いながら教室に戻ると照史くんがひとり頬杖ついてボーッと外眺めてるんだよね。




「あれ?照史まだ帰ってなかったの?」
「ん?…おー、しげと流星待ち。あいつら呼びだされてなかなか戻ってこーへん」
「あー、そういうことね。てっきりだれかからチョコ貰えるの待ってんのかと思った(笑)」
「……。」
「え?そうなの?」
「ちゃうけど(笑)」





しょうがないから一緒に待っててあげるっていうと照史くん嬉しそうに笑うから、今日のあの授業ほんま眠かったよなーとかあの先生ヅラらしいでとか他愛もない話でゲラゲラ笑ってたんだけど急に真剣な顔でこっち見るからちょっとドギマギしちゃうよね。




「……お前さ」
「ん?」
「チョコ、渡したん?」
「チョコならいっぱい配ったけど」
「そうじゃなくて!…本命、とか」
「へ?あはは、あげてないよ」
「…あげたいやつはおったんや」
「まあね。でもいらないって言われちゃったんだもん」
「は?」
「せっかく作ったのにひどいよねー。あーもったいない」
「……貰ったろか?」
「え?」
「食うたるやん、俺が」
「んふふ」
「…なんやねん」
「べっつにー!ちょっと待ってね」



って自分の鞄にチョコ取りに行って、よーし照史キャッチしろよー!って照史くんめがけてチョコ投げると、あっぶな!って言いながらもナイスキャッチ!じゃ、わたし先に帰るねって教室出て行くわけよ。残された照史くんが受け取ったチョコをよく見ると『照史へ』ってかかれた手紙がついてて、急いで追いかける照史くんがみたいんじゃーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



本当は照史くんしげと流星待ってないし、待ってたのわたしだし、ちょっと素直になれない照史くんがみたいだけだった。照史くんだけみんなと全然雰囲気違ってごめんなさい。そして会話させすぎてなんか短い……チョコ嫌いな照史くんのためにクッキーとパウンドケーキ焼いたから許して下さい







2017年のバレンタインは以上です




バレンタインとWESTくん(前編)



さてさて、もうすぐバレンタインですね。去年チョコを買ったにも関わらず自分で食べるハメになった私は今回もあげる予定がございません。








     






望くんくらいしか♡





すみません、ふざけました。石投げないでください。私事ではありますが、先日仙台公演に入りまして心が潤いに潤ったのでブログを更新しようかなと思います。 



タイトルにある通り、テーマはバレンタインです!れっつごー!










藤井流星編〜



神ちゃんと仲良しな流星くん。隣のクラスだからよく休み時間に遊びに来てるんだけど、ハンカチを貸して以来(前記事の相合傘と〜参照)教室にくると挨拶してくれるようになるんだよね。






バレンタイン当日、流星くんはというと当然モテモテだから靴箱から机の中までチョコだらけ。クラスメイトの重岡くんに「ヨッ!モテ男!」って囃し立てられて頭ペチッて叩いたらいいよ。
 
 




ただでさえ人気者の流星くんだから、あまり人気のないところで渡したいと思ってても周りにはいつも女の子がいて、結局渡せずにいるんだよね。あっという間に放課後になっちゃって、あーきっともう流星くんも帰っちゃったよなあ……なんて机に顔突っ伏してたら「あれ?ホリエさん?」って聞きなれた声が聞こえて、顔あげると流星くんいる〜〜〜!!!??!なんで?!!!





「あれ?流星くんまだ帰ってなかったの?」
「職員室呼ばれもうて、なかなか帰してもらえへんかった〜」





最近遅刻してへんのにさぁプリント出し忘れてもうたから、って口尖らせる流星くん超絶可愛いし数日前までこんなに話せなかったのになぁなんて思ってついついじーーっと顔見つめてたら「いや、あの……穴…開きそうなんやけど……」「えっ?」「そんな見られたら…」って耳まで真っ赤にして手で口元抑える流星くんはスーパーKAWAII。え!あっ!ごめんね!ってこっちもわたわたしてると「うん…いや…全然ええけど…」って二人で甘酸っぱい時間過ごしたいだろ!!!!








もう暗いし送るよっていう流星くんに近いから大丈夫だよーって言うんだけど、「あかんよ、ホリエさん女の子なんやから」って言われるーーーーー!!!!!!優しさーーーー!!!!!!!!!好き!!!!!!!!そんな流星くんの手には今日もらったであろうチョコが沢山入った紙袋が二つ。私があげなくても、もう十分すぎるくらいたくさん貰ってるな……って、なんとなく無言になってしまう帰り道。せっかく二人きりなのに、なんだか気まずくて、「流星くんたくさん貰ったんだね」「ん?あー、うん。……ホリエさんは?誰かにあげたん?」まさか自分のこと聞かれると思ってなかったから馬鹿正直に「あ、神ちゃんくらいかな。チロルチョコだけど」って言ったら「え!神ちゃん?!そっか……神ちゃん…………ええな







  



   










ええな?








 




えっ?いま流星くんええなっていった?なにそれなにそれ、ええな……?それって、いやでも勘違いだったらちょー恥ずかしいし……どうし






「あのさ」
「はい!」
「それって、本命?……神ちゃん」
「……違う、けど……」
「……なんや、びっくりした」

 

 





ってさぁ!!!!!流星くん笑うからさ!!!!なんかもうこっちはドキドキじゃん!!!!!期待しちゃうじゃん!!!!!ついカバンに入れてあるチョコ握りしめちゃう!!!!!!あとそこの角を曲がったら自分の家に着いてしまう。でもこんな機会もう絶対ない、やるしかない……。








「流星くん!」
「んー?」
「あのね、これ。」
「……えっ?」
「嫌じゃなければ、貰ってほしい」







そりゃもうびっくりした顔した流星くんが目の前にいて、あーやっぱり勘違いか……なんて思ってたら「ホリエさんさ、甘いもの好き?」「え?うん、好きだけど」「じゃあこれ」って、手に持ってた紙袋渡されて「え?でもこれ、流星くんが貰ったチョコ…」「うん、でも俺……好きな子からのチョコ一つあればええからさ




   


















「これ、本命って思ってもいい?」












って笑う流星くんに頷くことしかできないーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!すきだーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!そして私を抱きしめてクレーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



 

 
ふぅ、取り乱した。






私、全員分を更新しようとしてるのに1人目からこれで大丈夫なのか?やれんのか?お前次第や!!!!!!

  


はい、次












重岡大毅編〜







重岡くんは御察しの通り幼馴染です。いつも可愛くないことばっか言ってくるしげちゃんだけど、毎年バレンタインが近づくと分かりやすくそわそわするんだよね。いや、俺別にバレンタインとか興味ないしみたいな雰囲気出してくるけど「なんか最近甘いもん食いたいわ〜(チラッ)」「神ちゃんそのお菓子うまそやな〜(チラッ)」ってアピールしてくる(可愛い)






バレンタイン当日、なんだかんだ人気者の重岡くんは色んな子からチョコもらってて(なおほぼ義理チョコ)「いやぁ〜しげちゃんモテちゃってやばいな〜!」ってにやにやなぜか休み時間の度に報告にくる(可愛い)






そんで放課後、だいたいいつも重岡くんと一緒に帰るから教室で待ってると学年のマドンナちゃんが私のところに来て「これ、重岡くんに渡してほしいんだけど…」って可愛くラッピングされたチョコを渡されて、いやいやマドンナの本命しげかよ……ってなるよね。いいよって受け取るとパアァァって笑顔になるマドンナちゃんが本当に可愛くて、きっとこんな子からチョコ貰ったら嬉しいよなー……なんてちょっとおセンチになっちゃうんだよね。







ちょっとしたら重岡くんが帰るぞーってやってきて、他愛ない話しながら帰るわけよね。






「随分沢山貰ったみたいじゃん、チョコ」
「わかる?いやーモテちゃって困るわー」
「うぜー(笑)自分で報告しにきたんじゃん(笑)」
「あれ?そうやったっけ?(笑)」





「あ、そういえばこれ」ってマドンナちゃんからのチョコ渡すと、目まんまるにさせて

 


「え?俺に?」
「うん」
「うわ……まじか。」
「マドンナちゃんから」
「は?」
「だからマドンナちゃんから。しげに渡してって」
「……なんや」
「なんやって何よ。どうみても本命じゃんそれ、やったじゃん」
「……うるせー!」




って肩パンしてくるんだけどもちろん全然痛くないし、なんとなく無言になっちゃうんだよね。

 




「お前は?」
「え?」
「誰かにあげたん?チョコ」
「あー、神ちゃん甘いの好きだからあげたよ」
「はあ?!」
「うるさ!急におっきい声出さないでよ」
「はぁ〜〜〜〜〜もぉ〜〜〜〜〜〜〜!!……なんやねん、お前」





なんでお前ほんま神ちゃんにばっかさぁ……とかなんかちっちゃい声でぶつぶつ呟く重岡くん超ウルトラスーパーエキストラホイップ可愛いだから思わずにやけちゃうよね。何笑ってんねんアホって腕バシッで叩いてくるから、「しょうがないなー、はい。義理チョコ」って実は持ってたチョコ渡すと、さっきよりまんまるに目見開いて受け取って





「……義理かよ」
「義理だよ」
「随分可愛くラッピングしてるやん」 
「うん、頑張った」
「……ほんまに義理?」
「…さあね!」 






って走り出す私のこと「おい!お前逃げんなや!」って追いかけてきてよね!!!!!本命に決まってんだろばーーーーか!!!!!好き!!!!!!!





はい次!!!!!!









神山智洋編〜
 



クラスメイトの神ちゃんとは隣の席になってからめちゃくちゃ仲良くなるんだよね。よく授業中こっそりキャラメル食べたり、休み時間甘いパン食べてるの見かけるから「神ちゃんってさ、甘いもの好きなの?」って聞くとめっちゃ目キラキラさせながら「めっちゃ好き!!!!」ってカバンの中に入ってるお菓子袋だして「これが最近のイチオシでぇ〜あっこのパンケーキも食べに行きたいんやけどさぁ」ってめっちゃ嬉しそうに話すからそりゃもう可愛いよね。

 



その日以来神ちゃんに一人じゃ行きづらいから……ってカフェとかパンケーキ屋さんに誘われるようになるんだよね。いつも神ちゃんがゲロ甘なもの頼むんだけど店員さんは私の前に置くからニシシって笑って「いつもすんませーん」って自分のとこに持ってって嬉しそうに頬張るよね〜〜〜〜〜!!!!!そんな神ちゃんにカメラ向けると可愛くポーズ決めてくれるし、「ホリエもこっち向いて〜。おー!めっちゃ可愛く撮れてる!みてほら」って画面見せてくるんだけどいつもよりグッと縮まる距離にドキッとしちゃうよね。





バレンタイン当日、神ちゃんが好きそうな甘いものたーっくさん詰め込んだ箱を綺麗にラッピングさせて準備万端!神ちゃん実は登校してくるの早いから誰もいない教室で渡そうと思っていつもより早く家を出るんだけど、机の上にカバンあるのに肝心の神ちゃんがいない。「神ちゃーん、あれ?神ちゃんまだ戻ってきてへんの?」ってやってきたのは重岡くん。





「神ちゃんどっか行ったの?」
「ん?あー、呼び出し。今日ほら、アレやん」
「あー…」
「神ちゃんああ見えてモテるからな。お前も頑張れよ」





って肩ポンッて叩くし、っていうかなんでお前気づいてるんだよって感じだし、「俺がチョコもろたろか?(笑)」「やんねーよばか!」って叩き返したいよね。おー、こわこわ!って笑いながら逃げてくくせにドアからピョコッと顔だして「そう言えば神ちゃん、今日の帰りCDショップ寄るって言うてたで」ってにやにやしてる重岡くんムカつくけどまじ感謝だよね。





重岡くんの言葉を信じてCDショップでだらだら新譜出たのか〜なんて見てたら「ホリエ?」「…おー!神ちゃん!」「なんや、ここおったんや」「ん?」「ううん、こっちの話。あ!それ聞いた?それさ〜」って話逸らされるから気になるよね。結局そのままCD眺めて帰路に着くわけよね。神ちゃん優しいから、さりげなく送ってくれるしさっきの新譜もう入れてんねーんって嬉しそうにイヤホン片方渡してくるから恥ずかしいとも言えず受け取って耳につけたら神ちゃんも当たり前のように半分自分の耳につけるからなんていうか、もぉ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!呑気に鼻歌歌ってる神ちゃんの横でこっちはばくばくだっちゅーーの!!!!





「あ、そうや」って神ちゃんがなにやらカバンの中をゴソコソしはじめて、「はい」って渡されたのは可愛くラッピングされた箱。





「……えっ?」
「今日バレンタインやん。なんていうか、逆チョコ?(笑)」
「えーーー!(笑)」
「うちさ、妹おんねんけど、兄ちゃん手伝ってやー言われてさ。あれこれ作ってたらいっぱいできてもうて(笑)余らすのもったいないし、ホリエにはいつもお世話なってるからさ」





ってちょっと照れた感じで渡されるからこっちも照れちゃうじゃん!!!神ちゃんにチョコ渡すなら今しかない!!!




 


「あのさ」
「ん?」
「これ、神ちゃんに」
「えーー!!ほんまに!!ありがとう!!」
「神ちゃんが好きそうなのいっぱい入れたよ(笑)」
「……一個聞いていい?」
「なに?」















「俺のこと、どう思ってる?」






「え?」
「……俺はずっと好きやった、お前のこと。さっきもほんまはめっちゃドキドキしてて、このドキドキバレてんのちゃうかなって思ってた。だからその…俺と、付き合ってください」





って手を差し出して頭下げる神ちゃんの手をそっと握るとバッッと顔上げて「ほんまに?!えっ!?!」ってめっちゃお顔パアァァって明るくなるから「よろしくお願いしします」っていうとぎゅーーーーーーっと抱きしめてくるーーーーーー!!!!めっちゃ嬉しいってダイレクトに耳元でいわれてそのまま恥ずかし死にしたい!!!!!!!!

    





次ぃ!!!!



と、行きたいところなんですけど、このまま全員分書いたらめちゃくちゃ長くなるので続きはまた更新します。

 バレンタインまでには終わらせ……たい……





以上です